|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

譜面の読み方メモ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

調号の見方

  • ベース譜で♯がついている場合
    • 一番左端の♯はC△での4を表している。
    • 一番右端の♯は、該当するキーの7を表している。
    • 記号が配置される場所は、C△4から下に向かって4つずつ。2回繰り返したら1オクターブあがる。

  • ベース譜で♭がついている場合
    • 一番左端の♭は、C△での7を表している。
    • 一番右端の♭は、該当するキーでの4を表している。
    • 記号が配置される場所は、C△7から上に向かって4つずつ。2回繰り返したら1オクターブさがる。

  • 調が順次四度下降進行に従ってすすんでいく、とはどういうこと??

並行調

  • まったく構成音が同じメジャーとマイナーのキー同士を、並行調という。
  • 曲中で並行調へ変化したとしても、転調とは言わない。(例えば、C△→Am)
  • 現代の曲ではメジャーとマイナーが激しく入れ替わる曲が多いので、ある曲はメジャーでもありマイナーでもあると考えておくと良い。


更新履歴

取得中です。