kikaku @Wiki ルールサマリー3

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

企画用特別ルール


注意:キャラクター作成後に渡すこと

今回の企画のみの変則ルール。

サブクラス、ギルドスキルがGM側で決定済みです。
年齢に制限があります。
キャラクターは境遇表と運命表の代わりに性格表を2度振ります。
キャラクターの成長が通常とは異なります。
敵のドロップアイテムが固定されています。

特殊な判定、NPCとの交渉判定があります。交渉判定ルールについては後述。

【セッションの流れ】
セッションでは最終目的である魔王の復活の阻止を達成するためにクリスタルを持つ人物達の強力を得なければいけません。まずは、クリスタルを持つ人物などについて情報を集めましょう。クリスタルを持つ人物が判明したら、すぐに協力を仰ぎたいところですが、まずは、その人と仲良くなってからにしましょう。プレゼントを贈ったり、時を共に過ごすことで心が通じ合い、あなたとその人物がシンクロし、女神の力を通りやすくします。そのために、その人達のプラスキーワードとマイナスキーワードを調べましょう。キーワードがわかったらそれを手にいれるためにキーワードの在処を調べたり、ダンジョンに潜ってお金を手にいれてアイテムを買いましょう。
準備が十分に済んだらクリスタルを持つ人物の場所へ行き、交渉戦闘を仕掛けます。戦闘と名がついていますがつまりはその人物と心を通わせることによってその人を通して女神の力を流し込んでもらうためのスイッチを入れるものです。これに勝利すればその人のは攻略済みとなります。これを繰り返し、できる限り多くの人物の協力を得ましょう。
簡単にまとめると
情報収集、キーワード収集、ダンジョン探索、交渉戦闘
を繰り返す、ということになります。

【交渉戦闘】
NPCの協力を得られるかどうか。その判定をするのが交渉戦闘である。交渉戦闘は戦闘という名を借りてはいるが一回の判定で行われる。対象となるNPCの状態に依存した値を目標値に判定を行う。ここで大きな注意となるのが、この判定では一切のスキルが使用できず、又、無効となる。そして、フェイトすらも使用不可能なのだ。
判定の達成値は
【幸運】+2D6
である。クリティカルやファンブルは存在する。
目標値はNPCごとに定められている。しかし、同じNPCでも5つの段階があり、PCとのつき合いや相性によって段階が異なる。
戦闘中に何が要因で段階が変化しているかは明らかにされない。しかし、NPCのことを情報収集して好みを把握し、然るべき場所で戦闘を行えばより低い目標値となるだろう。
段階が変化する大きな要因は「性別」「クラス」「性格」「プレゼント」「シチュエーション」「セリフ」「その他のキーワード」がある。キャラクターに依存する前者3つは常に効果を発揮するが、後者4つは町中に散らばっている「キーワード」を手に入れ、それを消費せねばならない。街の中を探すもよし、キーワードに関する情報収集をするもよし。ただし。キャラクターによってはこれ以外の要素がかかわってくるものもある。
同じ対象に複数人が同時にアプローチすることは可能だ。しかし、それを嫌うNPCは少なくないので、注意が必要だ
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|