※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページではネット回線を用いて対戦を行うオンライン機能部分を説明
PS3版では PlayStation@Network
XBOX360版では XBOXLIVE
STEAM版では ONLINE
とメニュー欄にそれぞれ表記される
ランキングマッチ、プレイヤーマッチ、ランキング=LEADERBOARDが機種共通で3つの項目が存在し
家庭用版ではフレンドマッチ=XBOXLIVEパーティ項目が追加されている。
対戦形式は3VS3固定で1VS1のオンライン対戦モードは存在しない。



ランクマッチ

基本レベル無差別、強制マッチングで キックによる拒否機能はないので 注意
どちらかというと腕に自信のある上級者向けのモードではあるのであまり自信の無い初心者はプレイヤーマッチを使用することをおススメする。
試合終了後に対戦動画を保存することが可能。
勝利結果でランクマッチ勝率、レベルポイント、ポイントオブウィンズ(レベル関係なく勝つともらえるポイント=勝った数)が増減される
各ポイントがランキングに反映表記され、勝利数(月間)ランキングのポイントオブウィンズがPS3版では上位50位以内、XBOX360版では上位100位以内、または50位、100位と同じポイントになった場合
試合終了後自分の試合動画を公開アップロードすることが可能になる
ランキングの月間ランキングにてプレイヤー一覧の右側に薄ピンクのアイコン表示があるもののみダウンロード可能
マッチング検索形式が4種類存在する

①クイックマッチ
その名の通り条件設定などを行わず素早くマッチング検索を行う、当然回線速度などを指定されないので海外の対戦相手も検索してしまう
ラグがキツイ家庭用版とラグの影響は少ないSTEAM版でも海外のプレイヤーとのマッチングはさすがに推奨できないのでクイックマッチ機能自体おススメはしない。

②カスタムマッチ
条件項目をそれぞれ設定できる、項目は上から順に
エリア、通信速度設定、試合完遂率が存在する
基本的に通信速度指定を4に設定しておけばまともな対戦が可能
待ち受け側の相手(1P)を検索し対戦を申し込む形なのでこちらは2Pに回る

③アーケード待ち受け
アーケードモードをしながら対戦を待ち受ける
回線速度設定、試合完遂率のみ設定可能
トロフィーや実績、隠し要素をこのアーケードモードでもゲット、解除も可能
こちらでは1P側に回る、カスタムマッチ同様条件項目が設定できる
注意する点としては超必殺技フィニッシュと同時に乱入が開始されてしまうとゲーム負荷がおもいっきりかかるせいか
BGMがならなくなったりする場合があるので(試合自体に影響はない)そのさいは試合終了後ゲームをいったん終了させてもう一度起動すると解決する

④プラクティス待ち受け
プラクティスモードをしながら対戦を待ち受ける
設定などアーケード待ち受け同様で1P側に回る
こちらはとくに注意点はない



プレイヤーマッチ

プレイヤーマッチ勝率表記部分はあるがランキングに反映されないマッチング形式、レベルポイントは反映されるのでレベル増加は可能
こちらも試合終了後、対戦動画を保存することが可能。
プレイヤーマッチはあるプレイヤーが部屋を建てて、他のプレイヤーが部屋を検索して入室する方式
タイマン制で待ち受け側と入室側の最大2人仕様(=入室できるプレイヤーは1人のみ)、入室がある部屋は一覧から表示が消える。
ホスト(待ち受け)側は1P側固定、入室(ゲスト)側は2P固定、 条件の悪い相手を拒否できるキック機能あり
部屋を建てる側は様々な条件を付けることができるが、条件に一致していなくても入室できてしまう
ステージは選択不可でランダム固定
STEAM版のみキャラ選択を省いて両者同じチーム構成と順番のまますぐに再戦できる機能がある。

部屋の入り方(クイックマッチ)

クイックマッチを選択すると、誰かが建てた部屋に 部屋の条件を完全に無視して 入室する
相手が初心者向けの部屋を建てていようが、海外プレイヤーが通信速度4のみの部屋を建てていようがお構いなしに入る
※改善パッチにより回線条件が合わない場合は入れなくはなったがその日の回線感度で稀に条件が関係なくなる場合もある。レベルに関しては関係なし。

部屋の入り方(カスタムマッチ)

条件に合った部屋を一覧で表示させ、自分で選択して入室する

1,カスタムマッチを選択して条件を指定
  • ラウンドタイム
どれでも、45、60、75、99から選択可能
  • ボイスチャット
どれでも、使用推奨、使用非推奨から選択可能
  • プレイヤーレベル
どれでも、初級者向け、上級者向けから選択可能
  • 通信速度設定
どれでも、レベル4のみ、レベル3以上、レベル2以上から選択可能
国内プレイヤーとやりたい場合、レベル3以上やレベル4のみを選択するとよい

2,一覧で出てきた部屋から好みの部屋を選択
部屋主が指定した条件がアイコンで表示される。
[★]は初級者向け
[∴](★3つ)は上級者向け

3,部屋に入ったら決定ボタンを押してReady!

部屋の建て方

クリエイトマッチを押す。プラクティス待ち受けのみ可能
  • ルーム名
部屋名を自由に決めることが出来る。デフォルトで問題ない。
ただしSTEAM版のみ部屋名を変えることはできない。変える場合はSTEAMのID自体を変えるしかない。
  • 招待枠
※STEAM版のみ公開、招待という項目が存在するが基本家庭用版のON/OFFとなんら変わりはない。
ON(招待)にするとフレンズマッチになり、PS3、Xbox、STEAMのフレンドに招待状を送ることでしか入室できなくなる
OFFだと野良(だれでも入室)戦になる
相手を指定できる機能
  • ラウンドタイム
40,60,75,99から選択可能。デフォルトは60
  • ボイスチャット
どれでも、推奨、非推奨から選択可能
ボイスチャット人口は多くないのであまり意味は無い
  • プレイヤーレベル
どれでも、初級者向け、上級者向けから選択可能
ただし設定したとしても入室自体はレベル数など関係なくだれでも可能。
あくまで目安表示や意思表示機能で初級者の定義は人によって異なるので、入る側の裁量によるところが大きい
  • 通信速度設定
どれでも、レベル4のみ、レベル3以上、レベル2以上から選択可能

前述のクイックマッチの仕様上、いくら条件を指定しても条件に合わない人が入ってくる可能性はある。
気に入らない場合はkickすることもできる(ロビー機能にて後述)

ロビー機能


ホ=ホストのみ可能
PS3 Xbox STEAM(PC) 対象 機能 説明
A LK Ready宣言
A LK プラクティス プラクティスモードで待ち受けする
× B HK 戻る 部屋から退室するor部屋を解散する
Y HP キック プレイヤーをキック
R1 RB LP+LK アイコン説明 部屋設定アイコンの説明を表示する
R2 RT LP+HP フレンド招待 PS3やXboxのフレンドに招待を送信
L2 LT LK+HK メッセージ 一言メッセージを編集する
※XBOX版のみXボタンによるゲーマーカード(相手のプロフィール閲覧)機能が存在する

メッセージ機能


ロビーでPS3版はL2、XBOX360版はLT、STEAM版はLK+HKを押すと一言メッセージを選択できる
この機能だけで結構コミュニケーションが取れるので是非利用しよう

メインメニューのオプションからデフォルトのメッセージを選択することができる

一覧
  • メッセージなし
  • よろしくお願いします!
  • OK!
  • ありがとう。
  • ごめんなさい。
  • 真剣勝負!
  • まったり楽しみましょう。
  • 手加減無用!
  • 手加減よろしく。
  • 修行中!
  • 席を外します。
  • すぐ戻ります。
  • トイレ!
  • お待たせしました。
  • フレンド登録してもらえませんか?
  • フレンド募集中。
  • 良い勝負だった!
  • お疲れ様でした。
  • 楽しかった!
  • ルームを解散します。(※STEAM版のみこのメッセージは無し)

プレイヤーマッチのバグ注意点について→よくある質問のその他のバグについてを参照


以下の項目は左がPS3版・右がXBOX360版の表記

フレンズマッチ・Xbox LIVE パーティー

フレンドにプレイヤーマッチの招待を送り待ち受け→フレンド到着で試合開始
基本プレイヤーマッチとなんら変わらない、作成に手間が省けるという扱いでOK


ランキング・LEADERBOARD

オンライン対戦のランクポイント、通算、月間の勝利数、タイムアタックのランキングを確認することができる
勝利数(月間)のランキング一覧の右端にピンク色のマークが表示されている場合
そのプレイヤーの 対戦リプレイデータをダウンロード可能 でリプレイで確認することができる
そのさいPSIDやゲーマータグはランキング表記されてるリプレイを上げたプレイヤーのみ表示されるがそのプレイヤーの対戦相手側のIDやタグは表示されない
※オンラインの状況次第ではリプレイアップロードの反映がされづらい場合もある

  • 以下公式ブログからコピペ
ネットワークモードは大きく分けて「ランクマッチ」と「プレイヤーマッチ」の2種類です。PS3/Xbox360共に、よくプレイされる方はご存じだと思いますが「ランクマッチ」は規定のルールにて対戦を行い、
その勝敗によってランキングの順位が変動するモード。一方で「プレイヤーマッチ」はランキング等に一切影響しない代わりに、ルール等をある程度自由にカスタマイズして対戦することが可能なモードです。
対戦相手とのマッチング方法は『クイックマッチ』、『カスタムマッチ』の2種類があります。
『クイックマッチ』は条件指定などをせず、素早くマッチングを行います。
『カスタムマッチ』は条件を指定し、対戦相手を探すことができます。
指定が可能な条件は『ランクマッチ』と『プレイヤーマッチ』で多少異なりますが、両方とも『通信速度設定』を4段階で指定してマッチングすることができるので、
オンラインラグが激しい相手は避けたい方は、ぜひこの条件指定を活用して頂ければと思います。
また自らがホストとなってルームを作成する際は『通信速度設定』および『エリア』等の条件を予め指定することでオンラインラグの軽減を図ることが可能です。

ネットワークモード専用機能として、対戦した試合はリプレイデータとして保存することができます。またランクマッチのみ月間ランキング100位以内「PS3は50位以内/Xbox360は100位以内」という条件付きですが、
リプレイデータをランキングにアップロードすることができます(ランキング、リーダーボードの月間ランキングのプレイヤー一覧でそのリプレイデーターをダウンロード可能)。
※PS3版はXBOX360版とアップロード条件が異なり 上位50位以内 からアップロードが可能になるので機種別条件は間違えないように把握しておくこと

保存したリプレイデータはメインメニューのリプレイモードでいつでも観ることが可能。ランキングからダウンロードした上手いプレイヤーの対戦を見て勉強、自分の対戦をみて練習すべき点の発見等、
スキル向上の為に使ってください。その為にリプレイモードでは、体力バー、各種ゲージの表示の有無、アタックデータの表示、コマンドデータの表示、ラウンド飛ばし、一時停止、コマ送りなどの機能を搭載しています。