●バリーの「弱所突き」
-【現在の定義】
・バリーとアントカの弱所突きは、単独行動も考えると総合的にはバリーが優れている。
・弱所突きはバリーが出来ることはアンサートーカも出来る。(バリーが出来ないことをアントカが出来るかは不明)
・弱所突きは上限で3倍以上の術威力差を覆し、魔物本体に大ダメージ、本も燃やせる。  
・魔物の肉体及び魔物の術に「弱所」は存在する。

-【議論上の争点】
・弱所突きって外れることもあるのか?(当たらない弱所を弱所と言うのか?)

●キャンチョメの「シンポルク」
-【現在の定義】
-光、音、接触の3パターンで相手の脳に命令を送り込み、術を消したりダメージを与えたりする術。相手の強さに関係なく戦えるが、脳がない物には通用しない。

-【議論上の争点】
-作者の発言によりアンサートーカーなら破れる事が確定。キャンチョメ本体の位置を探ってそこに石やマントで攻撃すると倒せるとのこと。アンサートーカー以外の相手の場合は「キャンチョメ自身の知恵がどこまで有効か」と「シンポルクの発動スピード」が争点になっている。


●ガッシュ、ブラゴ、ゼオン、鎧クリアの優劣
-【現在の定義】
-身体能力(特殊能力込み)は、ゼオン>クリア>ガッシュ≧ブラゴ。
-術補正は、ゼオン>クリア=ガッシュ>ブラゴ
-最大術は、ガッシュ>クリア≧ブラゴ>ゼオン。
-心の力(補正込)はシェリー>清麿>デュフォー>ヴィノー(バードは考慮しない)。

-【議論上の争点】
-原作の描写よりガッシュ>ブラゴ、クリア>ブラゴが確定。またガッシュとブラゴは数時間に及ぶ激闘を繰り広げるなど実力が非常に拮抗していたのでクリア>ガッシュもほぼ確定。