※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キャンチョメ/パートナー:パルコ・フォルゴレ
【術】
  1. 《ポルク》   
        様々な物に化ける事で相手を騙したり移動に活用したりできる。強さは変わらないので戦闘には不向き。
  2. 《コポルク》   
        小さくなる術。それによってこっそり相手の本を燃やしたり攻撃を避けたりする事が可能。但しサイズ相応に弱くなる。
  3. 《ディカポルク》   
        巨大な自分の姿を幻として出す術。術の無駄打ちを誘ったりめくらましに活用できる。
  4. 《ディマ・ブルク》   
        8体の分身を作り出す。高い身体能力を誇り完璧なコンビネーションを発揮する。また全員合わせると「ギガノ」や「ディオ」級の盾にもなる。ディオ級
  5. 《フォウ・スプポルク》   
        手から出る光が相手の術を包み、音か光のどちらかを相手のパートナーに認識させれば相手自ら無意識に術を消す。
  6. 《ミリアラル・ポルク》   
        相手の術に偽装したガスで攻撃する術。相手はそれに触れると脳が勝手にダメージを作り出す。
  7. 《シン・ポルク》   
        「ポルク」の“変身効果”、「フォウ・スプポルク」の“命令”、「ミリアラル・ポルク」の“攻撃”、その全てを合わした術。光や音で相手の術を消し、触れる事でダメージを与え、それらを幻覚で事実と錯覚させる事ができる。接触の命令では相手の動きを止める事もできる。但し自動ではないのでキャンチョメ自身が直接命令を送る必要がある。背景や姿は幻ではないので自己暗示で解ける事はない。

【身体能力・戦術】
  • 身体能力は無いも同然。基本的に後の後を取る戦い方のため、いきなり負ける可能性はある。当然いきなり「シン・ポルク」を使って押せ押せの戦い方もできるが…。

【長所】
  • 条件さえ整えばたとえ「シン」級の術でも難なく消す事ができ、相手にその効果を与える事が可能。特に「シン・ポルク」は事実上、任意全能に近い効果だと言える。

【短所】
  • 惜しむらくはキャンチョメ自身の身体能力が凡人以下だという事。そのためキャンチョメ自身が反応できないスピードで攻められたら対応できないという点がある。またキャンチョメ自身が理解できない命令は送る事ができないので、予備知識がない状態での相手の特殊能力を封じる事はできない。そこにつけ込まれると元が弱いので「ギガノ」級一発で戦闘不能にされる。パートナーも常人よりは遥かに優秀だが上位陣に比べると見劣りする。