法律・制度


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

・電子消費者契約法
-オンラインショッピングにおいて、利用者の操作ミスの救済、契約の成立時期、について定めた法律。(2001年12月25日施行)
-

・プロバイダ責任制限法
-この法律により、必要に応じ、プロバイダやwebサイトの管理者は電子掲示板等に投稿された情報公開の停止やコンテンツの削除を行うことができる。
-この法律は法人だけでなく個人にも適応される。
 

・電子公証制度
-公証人が行っている仕事をインターネットを介して行えるようにしたもの。
-公証人とは公証役場で働いていて、契約などを公権力を根拠に証明する人。

・特定商取引に関する法律
-意思に反する申し込みを禁止している法律。
 注文ボタンを送信ボタンにしている場合等が含まれる。
-webサイト上に契約解除等に関する規定が書かれてない場合は8日間は契約解除と返品ができる。(返品送料は消費者負担)
 ※クーリングオフみたいな制度。

・特定電子メール適正化等に関する法律
-受信を承諾していない相手に広告を送ることを禁止している。

・個人情報保護法
・Tips
-対象は個人情報を事業に用いている企業やまた学校も含む。
-個人情報が過去6ヶ月以内に6000件を超えなければ対象外。

・電子政府
各種申請を24時間365日ワンストップで提供が目的。

・e-Tax(国税電子申請・納税システム)
所得税とか税金関係の申請や届出を行うことのできるオンラインサービス。
住民基本台帳カードが必要。

・電子契約法
操作ミスによる申し込みの無効を定めている。
 
・特許権 
-有効期限は特許出願から20年
-国内でのみ有効。

・ISMS認証(インフォメーション セキュリティ マネージメント システム)
-技術面、運用面、管理面を含む情報セキュリティ管理の妥当性を第三者機関が評価して認証する制度。
-経済産業省が制定
-メリット:情報を強固に守る事が出来る。、ISMSを取得していると取引先と有利にことを運べる。