ケーブル

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

・全2重と半2重
全2重の場合は送信と受信を同時に行える。
つまり1000BASE-T(全2重)は送受信合計で2000Mb/psの通信が行えることになる。
半2重の場合は送受信同時に行えないので送受信合計で1000Mb/psで通信する事になる。(1000BASE-Tで半2重は存在しないが)

・同軸ケーブル
電磁波の漏れが少なく、幅広い周波数で通信できる。

-------------------------------------------------------------------------------------------

10BASE-2 同軸ケーブル
10BASE-5 同軸ケーブル
10BASE-T ツイストペアケーブル カテ3
100BASE-T ツイストペアケーブル カテ3
1000BASE-T ツイストペアケーブル カテ5e (セグメント長100m)
1000BASE-TX ツイストペアケーブル カテ6 
1000BASE-SX 光ケーブル (波長850nm)
1000BASE-LX 光ケーブル   (波長1300nm)
10GBASE-T ツイストペアケーブル カテ7

・カテゴリ1は電話線
・カテゴリ2は低速なデータ通信用
・カテゴリ4はカテゴリ3にトークンリングとATMを使えるようにしたもの。
・カテゴリ5eと6の違い
5eは1000base-T、6は1000base-TXで使う。
-5e:4対それぞれで、送信250Mb/ps、受信250Mb/psの通信を行う。100MHzの帯域が使える。
-6:4対が送信用と受信用に2対ずつ専用に分かれており、1対で500Mb/psの送信(又は受信)が行える。250MHzの帯域が使える。

---------------------------------------------------------------------------------------------

・PLC(Power Line comunication)
LANケーブルの代わりに電力線で通信する技術。
ブレーカーを超えて通信は出来ない。異なる企画どうしに互換性はない。
高速PLCと低速PLCがある。