FTTH関連

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

・FTTH(Fiber to the home)
光ファイバを住宅に引き込んでインターネットに接続する技術。

  ・具体的なサービス
   Bフレッツ

  ・占有型FTTH接続:一本の光ファイバを1ユーザで使用する。高速。コスト高い。
   (シングルスター方式)
  ・共有型FTTH接続(PON:Passive Optical Network):1本の光ファイバを複数のユーザで共有する。
   (アクティブダブルスター方式、パッシブダブルスター方式)

 

・FTTHの方式
シングルスター方式:NTT基地局から個人宅へ一本の光回線で接続する。分岐装置は使用しない。終端装置はメディアコンバータ
アクティブダブルスター方式:基地局から伸びた光回線が分岐し、途中で更に分岐する方式。分岐装置はリモートターミナル。終端装置はONU。
パッシブダブルスター方式(PON):基地局から伸びた光回線が分岐し、途中で更に分岐する方式。分岐装置はスプリッタ。終端装置はONU。

※アクティブダブルスターとパッシブダブルスターの違いは、分岐装置が電気的な装置かどうか。リモートターミナルは電気的な装置。

  

・メディアコンバータ、ONU
光信号と電気信号をお変換する装置。占有型FTTHではメディアコンバータ、共有型FTTHではONUをと呼ばれる。
メディアコンバータとは広義の意味で使われるが、FTTH関連では同じ役割を持っていると考える。

FTTH接続方式