アーラン・待ち行列理論


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

・アーランとは
1秒あたりのトラフィック量を表す国際規格

アーラン=一時間辺りの呼び回数÷3600×保留時間(秒)
※一秒辺の呼び回数を求めてから保留時間を掛ける。 

・待ち行列理論とは
顧客がサービスを受けるために行列に並ぶような確率的に挙動するシステムの混雑現象を数理モデルを用いて解析することを目的とした理論である。

・記号の意味

-ρ:利用率 
求め方:λ×ts

-Lw:平均待ち行列数(処理中も含めた処理行列数)
求め方:ρ/1-ρ