OSPF


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

・OSPF
ルーティングテーブルを自動で作成するプロトコル。

・メリット、デメリット
-メリット
コンバージェンスが速い

-デメリット
階層型のネットワークを緻密に構築しなければならない。

・ルーティングテーブル生成概要
1、ルータ間でLSA交換
2、LSAからLSDB作成
3、LSDBからSPFツリーを生成
4、SPFツリーの最小コストのルートがルーティングテーブルにのる。

・OSPFエリア
同一のLSDBを保持するルータのグループのこと。
OSPFルータをエリアに分ける事で、LSDBのサイズを小さく出来る。それによりルーティングテーブルも小さくなる。
(他エリアのルーティング情報は集約される)
 原則的にバックボーンエリア(エリア0)に隣接している必要がある。

・LSAのタイプ
-LSA1 ルータLSA
すべてのOSPFルータが生成する。直接接続してるリンク状態の情報を含む。
エリア内のOSPFルータにアドバタイズ。

-LSA2 ネットワークLSA
DRとなるOSPFルータが生成する。DRの情報を含む。
そのエリア内のOSPFルータに送信される。

-LSA3 ネットワークサマリLSA
ABRが生成し、その配下のエリアにアドバタイズされる。
他のエリアのルーティング情報を集約した情報を含む。

-LSA4 ASBRサマリーLSA
ASBRのルータIDとASBRに到達するためのメトリックが含まれる。
ABRが生成する。

-LSA5 AS外部LSA
ASBRが生成する。非OSPFネットワークが接続されている場合に、そのネットワークの情報をアドバタイズする。
OSPFエリア全体にアドバタイズされる。(スタブエリア除く)

-LSA7 NSSA外部LSA
NSSAエリアを構成した時に生成されるLSA。
 
・コスト
-OSPFで用いられるメトリックである。
-CISCOや多くの実装ではポートの帯域幅が用いられる。
 →実際のスループットである帯域幅とポートの帯域幅が異なる場合、
  スループットの低いポートが経路に選択されてしまうケースがある。

コストの計算式:100MBps÷ポートの帯域幅(MBps)
                          例、10Mbpsのポートであればコストは10