その他計算

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

・データ量と転送効率から必要帯域幅を求める
データ量÷効率割合×10
例:データ量800kb 転送効率0.8
800kb÷8×10

・可用性の数値化
平均故障間隔/(平均故障感覚+平均修理時間)