周波数とか

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

・搬送波(キャリア)
送信する信号の元になる、一定周期、一定振り幅の正弦波の事。(自己解釈)

・帯域幅とは
使用する周波数の幅の事。
例:802.11aは2.4GHz~2.5GHzを使用。
   この信号媒体上を重ね合わさった状態で送信される。
 

・スペクトラム拡散技術
元の信号の周波数帯域幅をはるかに広い周波数帯域幅に拡散して伝送する技術。

-直接拡散方式(DS-SS:ダイレクト シーケンス スプレッド スペクトラム)
下の信号と、拡散符号と呼ぶ擬似雑音を演算処理してスペクトラムを拡散する。
IEEE802.11bに使用されている。
メリット:伝送速度が早く一対多の通信に適する。

-周波数ホッピング方式(FH-SS:フリケンシー ホッピング スプレッド スペクトラム) 
多数の搬送波周波数を用意し、特定のパターンに従って搬送波周波数を頻繁に切り替える。
メリット:耐障害性に優れ、多対多の通信に適する。
デメリット:DS-SSに比べると伝送速度の面で劣る。

・チャンネルとは
周波数帯を分割したもの。
周波数帯とは、高い周波数から低い周波数までを一定の範囲でまとめたもの。

・時分割多重(TDM)
チャンネルを一定の時間ごとに交互に送る方式。
現在のデジタル通信に良く用いられる。

→→→→→→→→→(時間)
1ch | 2ch | 1ch | 2ch ・・・・ というように

・周波数分割多重
分割した周波数帯を同時に送信する方式。
アナログテレビなどで使われていた。

→→→→→→→→→(時間)
1ch | 1ch | 1ch | 1ch・・・・・
2ch | 2ch | 2ch | 2ch・・・・・
といういう様に。