呼び制御プロトコル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

・SIPとH323
この二つはどちらも呼び制御プロトコル。

・SIP
端末(UA:user agent)間でのセッションの確立、変更、切断についてのみ定めたプロトコル。
セッション上で扱われるデータそのものについては規定がない。

メリット:-SIPよりシンプルでインターネットと親和性が高い。
     -様々なデータが扱える柔軟性の高いプロトコル。
     -UDPを使うので高速。(信頼性はACKメッセージで確保される)
デメリット:ない?

-メッセージ説明
REGISTER:UAを登録する際に送信される。
INVITE(招待):通信開始を要求する際にUAが送信する。
ACK:セッションが確立手順が成功した際にINVITE送信側のUAが送信する。
BYE:セッション終了の際に送信する。
 

・SDP
SIPで使うメッセージを記述するプロトコル。
IPアドレス、UDPやTCPのポート番号、音声や映像等のメディアタイプ、メディアの符号形式などが記述される。

・RTP
呼び制御プロトコルで呼び制御をした後に音声パケットを運ぶ役割をしているプロトコル。

・URI(ユニフォーム リソース アイデンティファ)
UAを識別するもの。

・SIPサーバの機能
プロキシサーバ :SIPメッセージの転送
ロケーションサービスサーバ:URIとIPアドレス等の対応等を管理。
レジストラサーバ:ロケーションサービスサーバーへの登録を受け付けるサーバー

※↑の機能は一台のSIPサーバーで行える。

リダイレクトサーバー:UAからUAの経路情報を管理している。プロキシサーバから要求を受け付けたリダイレクトサーバは、
              転送先(UA)への経路情報を返答し、プロキシサーバーを複数経由せずとも直接メッセージを転送できる。
              メリット:複数のプロキシサーバでメッセージの転送処理が必要なくなる。

・SIPメッセージ
メールヘッダと似たような形式のメッセージ。
スタートライン、メッセージヘッダ、メッセージボディ(アプリケーションは音声データをやり取りするために必要な情報)などが入る。
送信元URIや、あて先URI、メッセージがたどった経路等が書かれている。