MTUとMSS

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

・MTU(マキシマム トランスポート ユニット)とは
イーサネットフレーム(1518バイト)に入る最大IPデータグラムサイズの事。
デフォルトはフレームヘッダの14バイトとFCSの4バイトを除外した1500バイト。
PPPなどで追加のヘッダが付く場合は、イーサネットフレームが1518バイトを超えてしまわないようにMTUを調整する。

・MSS(マキシマム セグメント サイズ)
IPデータグラムからTCPヘッダとIPヘッダを除外したTCPデータのこと。
TCPでの送信単位になる。