偽カルデラ市地誌


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

偽カルデラ市地誌(にせかるでらしちし)
かつて 二重カルデラ と思われていたが、実は年代の著しく異なる 二重クレーター に位置する巨大都市。
都市とはいっても 南半分は農地 であり、 北部 のさらに半分も 畑作地 。市内西部よりの ひょうたん湖 東岸に広がる 旧市街 およびクレーター内を東西に流れる川沿いに開かれた駅沿いに発展した 新市街 で人口の大半を吸収している。
中央の中津駅前通から南部に伸びる幹線路の端の広大な敷地にショッピングセンターを誘致。
南北間コミュニティバスの運用により駅前のシャッター街化を防ぎつつ外部からの買い物客を引き込む策を市当局と商工会が一体となって展開。