ひょうたん湖


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ひょうたん湖(ひょうたんこ)
内周クレーターが侵食されてできた湖。外周クレーターの西部の亀裂(下の谷)を経て海と結ばれている。
かつての和船が運輸の中心だった時代、あらしの強い外洋である海から底無川を遡上してひょうたん湖で嵐を避ける廻船や偽カルデラ地方の米を出荷する舟で賑わい、これが旧市街の隆盛に結びついた。