※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

わたしと違って、きみの手は

とてもしっかりとした手だった。

その手はわたしを何度も救ってくれた。

泣きたいときは手を握っててくれたね。

緊張していたときも。

わたしの背を押すかのように・・・。



すこしゴツゴツとしたその手は

意外にも滑らかで。

きみの手にはすこし、嫉妬する。