小話【7-10】


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

335 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの : 2009/12/24(木) 07:34:34 ID:???
アスカが何かが原因でカヲルにものすごい勢いで文句を言ったら……。

カヲル「あーあ。ぼくはきみのこと好きなのになあ」
アスカ「ちょっ、ちょっとそれってどういう意味よ!」
カヲル「きみはぼくの大切な友人だからね」
がっくりと肩を落とすアスカ。
一人で帰り道を歩きながら、
「大切な、かぁ」
とつぶやくアスカ。