|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

メンバー A-M

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カタカナ表記は明確ではありません

Adam Harris アダム・ハリス

1stのソリスト。
『Angel Voices3』('97)からソリストをしているが、
『libera』('99)になると格段に上手くなっている。

Alasdair Gordon アラスデア・ゴードン

多分アルト。年齢不明。リーアム以下スティ以上?
おそらく肌と髪の黒い子。現在は既に居ない。

Anthony Chadney アンソニー・チャドニー

1988年8月生まれ。基本的にアルト。
『A New Heaven』のソリスト。

Ben Phillip ベン・フィリップ

甲高い声のお子ちゃま。

Ben Crawley ベン・クローリー

1988年9月7日生まれ。
Aled Jonesのアルバム『アレッド』('02)にて1曲だけソロを担当。
他にもThe Snow Queenというミュージカルの曲を歌っている。

Callum Payne カラム・ペイン

1992年6月8日生まれ。
しっかりした発音で本当に司会者っぽい。(将来司会者になりたいようなので)

Christopher Robson クリストファー・ロブソン

1990年10月生まれ。
色々なアルトパート担当。無表情とは逆に声は可愛い。
地は結構おちゃめさんぽいんですが、常に不機嫌そう。

Conor O'Donnell コナー・オドヌゥ

1992年5月生まれ。
高い旋律が好きらしい。あと建築物に関心があるらしい。
4thでソロ。安定している。

Daren Geraghty ダレン・ジェラーティ

ジェラーティ家の兄。AV時代のソリスト。
『Angel Voices2』の殆どでソロを務めている。
あんまりにも繊細でちょっと不安になるような声。
96年のVC『libera』の高音はかなりしっかりしてます。

Edward Day エドワード・デイ

1995年11月18日生まれ。
最近の子。SoP版IATDにて初見。

George Tarlton ジョージ・タールトン

意外に高い声をしていた。初期リベラっぽい声。
一番予想が含まれる謎の人でもある。

Jake Shortall ジェイク・ショートオール

1991年5月生まれ。
来日コンサートではIATDのマイケルパートを歌っていた。
突き抜けた高音は出るか不明だが、今後ソロもやりそう。

James Vereycken ジェームス・ヴェライケン

1993年8月生まれ。髪の赤い丸い子。兄。
JoPと共にトップを歌ったりすることもある。でも大抵はベースだとか。
VISIONSの#13にてソロ。

Jonathan Barrington ジョナサン・バリントン

1995年1月生まれ。
JoSWと同じパートを歌っているらしい。

Joseph Platt ジョセフ・プラット

1991年8月20日生まれ。
3rdにてベンと共に二大ソリストを務める。
アレッド・ジョーンズのアルバム『Higher』('03)でも1曲ソロをやっている。

Joseph Sanders-Wilde ジョセフ・サンダース-ワイルド

1991年10月生まれ。
4thにてソロとして台頭。

Joshua Madine ジョシュア・マディーン

1994年10月生まれ。詳細不明。

Liam O'Kane リーアム・オケーン

1984年5月13日生まれ。1stのソリスト。
フェアリーボイスといわれた彼の声・歌い方にはとても特徴がある。
同時期にリーアムはリベラから離れたところ(Hard Romantic)で歌っている。
変声後一時黒リベラにいたが、現在スカバンドでボーカル担当。

Michael Horncastle マイケル・ホーンキャッスル

1993年2月7日生まれ。
3rd、4thとソロをとり、いつの間にかすっかりメインソリストになった模様。

Michael Vereycken マイケル・ヴェライケン

1995年10月生まれ。
ジェームスの弟。ゲーム好きらしい。