|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

関連CD

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


『 Splendore 』:hard Romantic feat.Liam O'Kane 1998

このアルバムでリーアムが歌っているのは3曲。
そのうち2曲は同じもので、ヴァージョン違い。
リーアムの声を聴くにはかなり足りないアルバムだが、
ハードロマンティックの音楽的にはよろしいんじゃないでしょうか。

『 SOPRANI 』:hard Romantic feat.Liam O'Kane 1999

全体的に静かな音で、そこにリーアムのソプラノが響く。
これのリーアムの声は全体的に高く、可愛らしさは薄い。
綺麗であるとか大人しいを優先させたような気がする。

『 Sincerely 』:hard Romantic 2003

リーアムの歌うもので入ってる曲はソプラーニとスプレンドーレのもの。
ジャケットの青いリーアムは綺麗。

『 Aled 』:Aled Jones 2002 http://www.aledjones.co.uk/

アレッド・ジョーンズのその名もアレッド、というアルバム。
大体の曲にコーラスとしてリベラが参加。

『 Higher 』:Aled Jones 2003

やはりリベラが参加している。
アルバム的に面白みが『Aled』より増したと1曲目の最初から思えるはず。

『 The Christmas Album 』:Aled Jones 2004

今回もリベラ参加。ただし2ndと違ってリベラは控えめ。
クリスマスアルバムというだけあって、今までに聞いたことのある曲が沢山入っている。
AngelVoices3と比べると面白いかも。

『 ICO~霧の中の旋律~ 』 2002

PS2ゲーム「ICO」のサントラ。
主題歌であり、スティーブンが歌う『You were there』はこれの最後に入っている。
しかも楽譜と歌詞付き。