Navigation





※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Comics Magazine Association of America Comics Code 1954

編集上の問題に関するコード

一般的基準A
1.犯罪に対して犯罪者への共感を催させる表現や、法と正義の執行者に対する不信を表わした作品、また読者が犯罪を模倣したくなるような表現はおこなってはならない。
2.広範に読まれるコミックスは犯罪固有の方法やそのディティールを表現してはならない。
3.警察、裁判所、政府機関、および尊重すべき法制度に対し、確立された権威に対する不信をつくりだすような表現をしてはならない。
4.仮に犯罪が描写される場合はそれが卑劣で、好ましからざる行為であることが描かれるべきである。
5.犯罪者は魅力的に見えたり、そうなってみたいような役柄として描かれてはならない。
6.どんな場合でも善が悪に勝ち、犯罪者はその悪行の報いを受けなければならない。
7.過剰な暴力シーンはこれを禁止する。残酷な拷問、苦痛や不必要なナイフと銃の描写、痛々しく、血まみれで恐ろしい犯罪はこれを削除する。
8.ユニークで通常考えられない方法による武器の秘匿法は描写してはならない。
9.どんな場合でも法執行官が犯罪行為の結果命を落すのは認められない。
10.誘拐事件は詳細に描かれるべきではない、拉致、誘拐者がその行為によって利益を得、それを増やすような描写はなされるべきではない。どんな場合でも、犯罪者、誘拐犯はその報いを受けねばならない。
11.「犯罪(Crime)」という言葉はコミックスマガジンのカバーにおいて他の言葉より目立つ形で書かれてはならない。「犯罪(Crime)」という言葉は単独でカバーに書かれてはならない。
12.「犯罪(Crime)」という言葉のタイトル、もしくはタイトルへの使用は自制されるべきである。

一般的基準B
1.コミックマガジンはタイトルに「ホラー(Horror)」、「恐怖(Terror)」を使うべきではない。
2.すべての恐怖シーン、過剰な流血、残酷で恐ろしい犯罪、腐敗、性描写、サディズム、マゾヒズムは認可されない。
3.すべての毒々しく、嫌らしい、恐ろしい絵はこれを削除する。
4.悪を扱う物語が収録されたものが消費されたり、出版されたりする場合、その趣旨は道徳的な問題を扱ったものでなければならず、悪を魅力的に描いたり、読者の感受性を傷つけるものであってはならない。
5.ゾンビ、拷問、吸血鬼や吸血行為、グール、カニバリズム(食人)、人狼を扱ったシーン、もしくはそれに関連する道具類はこれを禁止する。

一般的基準C
特に以上の中に含まれていない要素、技法であってもコード設立の趣旨に反し、読者の健全さ(good taste)や品格を損なうと考えられるものは禁止されるべきである。

台詞
1.冒涜的な言葉、卑猥な語句、猥談、下品な言葉、単語、シンボルにかかわらず好ましくない意味を持つものはこれを禁じる。
2.特に予防されるべきものとして、肉体的な疾病や奇形を示唆するようなものは言及を避ける。
3.スラングや口語表現の使用は認められるが、過度の使用は戒められるべきであり、出来る限りあらゆる箇所で正しい文法に基づいた言葉が使われるべきである。

宗教
いかなる宗教的、人種的グループに対してもこれを嘲笑し、攻撃する表現は認められない。

コスチューム
1.ヌードはどんな形であれ禁止する、淫らだったり、過剰に肌の露出したものも同様である。
2.挑発的だったり猥褻な絵柄、挑発的なポーズは認められない。
3.すべてのキャラクターは社会に受け入れられやすい服装で描かれるべきである。
4.女性はどのような身体的特徴も誇張せず現実的に描かれるべきである。
注:以上のコスチューム、台詞または絵柄にまつわるすべての禁止事項は、特にコミックマガジンのカバーにおいて、その内容で適用されるのと同様に適用されると考えられるべきである。

結婚とセックス
1.離婚はユーモラスに扱われてはならない、また好ましいものと描かれてもならない。
2.正しくない性的関係はこれをほのめかしたり、描いてはならない。暴力的なラブシーンや性的アブノーマリズムはこれを禁止する。
3.(コミックスは)両親への敬意、道徳的基準、そして立派なふるまいを育てるものであるべきだ。愛の問題を学ぶことへの共感は歪んだ病的な関係を描くことを許可するものではない。
4.ラブロマンスストーリーは家庭の価値と結婚の神聖さを強調するものでなければならない。
5.情熱的もしくはロマンティックな興味はより下品で卑しい欲望を刺激するように扱われてはならない。
7.性的倒錯やそれを類推させる表現は同様に固く禁じる。
(6.がないが、原書においても同様。オリジナルのコードに存在しないのか、誤植かは確認していない)

広告の問題に関するコード

 以上の規定はアメリカコミックスマガジン協会(Comics Magazine Association of America)に所属するメンバーによって出版されるすべてのコミックマガジンに適用される。健全さが広告掲載においても主要なガイドラインとなる。
1.酒、タバコの広告は認められない。
2.セックスに関する広告、もしくはセックスに関する書物の広告は認められない。
3.ヌードもしくはセミヌードの描かれた、絵画、ポストカード、ピンナップ、デッサン集などの販売広告は禁止する。
4.ナイフ、隠し武器、モデルガンなどの販売広告は禁止する。
5.花火の販売広告は禁止する。
6.ギャンブル用品の販売やギャンブルを取り扱った書籍、ギャンブルそれ自体の広告は認められない。
7.いかがわしいヌードや淫らなポーズはどんな種類のプロダクトの広告でも許可できない。また、服を着ていてもこれが健全さや道徳を攻撃し、否定するものであった場合同様である。
8.出来うる限りの能力を以て各出版社は広告の主張が事実に即し、誤った解釈を導くものではないことを確認すべきである。
9.疑わしい医療、健康、化粧品の広告は却下する。もし広告コードの他の要件を満たしていれば、アメリカ医療協会、アメリカ歯科医療協会によって認可された医療、健康、化粧品の広告はその掲載を許可する。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー