観測能力


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

一ノ瀬アリスが保持している能力。

現在、過去、未来に関わらず対象物に関する全てのものが見える、というもので五角恵などの規格外な存在を除けば実質最強。正確に言えば、一定の座標系上に位置する物の観測しか行えない。そのため、一定の座標系に属さない者(五角恵など)や座標系そのものへの干渉を行う能力者には分が悪いと言える。

一ノ瀬アリスは能力使用時の代償が『命が削れる』。具体的に寿命が縮むのか、どの程度の速度で削られるのかという具体的なことは判明していない。ただ、五角恵との戦闘時に危ない状況と言われていたため、連続使用は困難な模様。削られた命は一ノ瀬ハヤトによって回復が可能(なお、この一ノ瀬ハヤトの能力はアリス以外への適用も可能だと見られる)。今のところそれ以外の回復方法はないと思われる。

作中では30、31話で使用。真枝依夢と石居大河を苦しめるが五角恵に拘束される。