16話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

くそっ……!
どうしても振り切れねえ!
何とかならねえのか?
とりあえず蒼樹たちに連絡だ。
…と携帯を取り出したとき、怪訝そうに俺たちを見ている何人もの通行人に気付いた。
ああもうっ!俺は悪くねえ!
……いや、
これ使えるんじゃないか?
「おい、先生」
「何だ」
「通行人が見てる。きっとあんた、俺のストーカーみたいに見えてるぜ」
「なっ……!」
咄嗟に顔を真っ赤にして立ち止まる真枝(先生)。
今だっ!
スピードアップする俺。
「もう追いかけてくるんじゃねえぞー」
賭けてもいい。今奴は周囲の人にストーカー扱いされてる。
これならいくら特殊能力があろうと無駄だぜ!
ざまあみ――

目の前を横切る影。
それは瞬く間に人の姿――恵へと形を変えた。
「……逃げちゃだめ」
……。
挟み撃ち、ね……
小5体型のこいつにはさっきの手も使えねえし。
「観念しなさい」
いつの間にか立ち直った真枝も追いついてきた。
なんかもう……いいよ。うん。
俺は大人しく蒼樹の家まで引きずられていった。


「ここね」
結局そのまま着いてしまった。
横に立つ恵に耳打ちする。
「なんで逃がしてくれなかったんだよ」
「……貴方に着いていけば石居くんが釣れるから」
なるほどね…
そりゃそうだよな。
「つかお前らあんなにおおっぴらに特殊能力使っていいの?」
「……記憶改変」
分かったよ。訊いた俺が悪い。
なすすべもなく、真枝がインターホンを押す。
「はーい…やっと来たねハヤト。両手に華じゃん…ってええ!?」
石居が後ずさる。
「ど…どういうことだよ!?」
「すまん。力不足だった…」
「石居大河。今日こそ貴方を八つ裂きに――」
手を振り上げた真枝を、
「……だめ」
恵が制する。
「……ここ、蒼樹さんの家だから」
「……」
手を下ろす真枝。
その時、後ろのドアが開いて、エプロン姿の蒼樹が出てきた。
「ほら皆上がって上がって。お茶入ってるよ」