聖カンナ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【名前】聖カンナ
神那ニコと瓜二つの姿をした魔法少女で、この物語の黒幕的存在。
実は第9話からすでに登場しており、ニコが魔女化して死亡した際にニコの「予備」を演じて聖団の中に入り込み、
第18話で正体を現すまでニコになりすまして行動していた。
それまではニコの口調や仕草で振舞っていたが、本来の性格は普通の少女として過ごしていたためかニコよりも感情の起伏が激しい。
その正体は、ニコの願いによって生み出されたもう一人のニコであり、元々はニコが空想で生み出した架空の存在だったが、
彼女が魔法少女になる際の契約の願いによって具現化され、魔法少女となったニコ自身の代わりに幸せな日常を生きるように
彼女の本名を譲り受けた存在である。
(wikipediaより抜粋)

【攻撃力】
  • あすなろの昴?(直径8mの球状)を投げ飛ばせる程度の力を持つ(カピターノ・ポテンザをコピーした可能性あり)。

【防御力】
  • 特に高いという描写はない

【素早さ】
  • 戦闘中、聖団員に気付かれることなく自らとかずみを人形とすり替え戦域外に退避している(イル・フラースをコピーした可能性あり)。

【固有魔法】
  • コネクト相手に気付かれること無く接続し、接続した対象の位置や行動、記憶や感情、使える魔法すらも読み込んでそのまま自分の能力としてコピーする。
    • また、魔女に接続することで自分の手駒として操ることもできる。

  • プロドット・セコンダーリオ
神那ニコからコピーした魔法。

  • イクス・フィーレ
御崎海香からコピーした魔法。