「新生編背景ストーリー 02」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

新生編背景ストーリー 02」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 >[[BEFORE>新生編背景ストーリー 01]] [[NEXT>新生編背景ストーリー 03]]
 
 ロスト・イマジンの最終目標である[[ブラック・モナーク>再生魔皇帝ブラック・モナーク]]の再生は早くも達成した。
 最悪の異物の復活にシルヴァー・コア、スケール・オブジェクトは戦線の後退を余儀なくされる事となった。
 同時に第四勢力である[[宇宙文明]]もやはりブラック・モナークに圧倒され、戦力を次々に失った。
 その状況を打開すべく、[[Aベラトリクス・ソード]]は本部の銀河艦隊に電報を打つ。それこそが[[EC9]]である。
 
 一方、窮地に追い込まれたシルヴァー・コアとスケール・オブジェクトも動きを見せる。
-シルヴァー・コアの[[オール・アンサー>中枢の城砦オール・アンサー]]の提案した最終作戦。それは驚く程に単純な知による武力であった。
+シルヴァー・コアの[[オールアンサー>中枢の城砦オールアンサー]]の提案した最終作戦。それは驚く程に単純な知による武力であった。
 
 スケール・オブジェクトは事態を逆手にとり、宇宙文明を撃滅したロスト・イマジンを奇襲攻撃し派遣を握る計画を打ち立てた。
 
 単純明快な戦況において、誤算とはあまりにも大きな影響を及ぼす。
 それは誰もが、その可能性を考慮しないからである。
 
 ドミナント――
 その脅威を世界は気付けなかった。