※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

全文明に存在する種族。命名ルールは「呪魂+元の呪文名」。
進化クリーチャーには命名ルールは特に無い。

呪魂 ナチュラル・トラップ アンコモン 自然
5マナ 2000 スペル・スピリット
■自分が呪文を唱える時、コストを支払う代わりに、自然のカードを含むマナを6枚タップしてよい。そうした場合、その呪文の効果の代わりに、バトルゾーンにある相手のクリーチャーを1体マナゾーンに置く。
■O・ドライブ(カード×2)
(O・Dカード)バトルゾーンにある相手のクリーチャーを1体マナゾーンに置く。
(F)魂が魂を繋ぎ、新たな魂を生む。魂は大地に還り、大地はまた魂を生む。

呪文が持つ言霊であり、強力な魔術師が唱えた呪文からのみ取り出すことができる。元が呪文なので知能自体はそれなりにあるが、元が軟弱な言霊であるため、体力はあまりない。

言霊自体が呪文の力を保持しているため、単体でもその能力が使える他、他の呪文にとり憑き、呪文の形を変更することも可能。


カードとしては、O・ドライブでその呪文の効果(O・ドライブではなく単純にCIPの場合もある?)を使用可能で、さらに呪文カードを特定の呪文に変える効果を持つ。システムクリーチャーでありながら出してすぐアドバンテージを取ることもできるため汎用性はなかなか高い。(一部のクリーチャーに関してはこの限りではない)

この種族のカード