※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

back to the past...新世界誕生編 第一弾
To be continued...新世界誕生編 第三弾

  天界文明と魔神界文明が訪れてから、早3年が過ぎた。


その事件の引き金となったのは、魔神界文明による砲撃だった。


突如として天界城ヒノモトノクニが何者かによって攻撃され、城の中は半壊状態となってしまった。

これにより、天界他三文明は魔神界、闇、火文明による宣戦布告と受け取り、


                 いまここに、水光自天VS闇魔火の戦いが開かれた・・・・。


魔神界と闇文明は、待ってましたと言わんばかりに、その力を発揮する。

   まずは、魔神界が目に付けていた蘇生能力。これが魔神界の合併により、過去の凶獣達が強力となって蘇ったのだ。

その手始めとして、放たれたのは《憎魔神アシュラ》と《光牙神ドウメキ》。その荒れ狂う姿に、者たちは次々と薙がれていく。

そこから遠く離れた場所に現れたのは、天界文明の四神、《神機ガリョウ》と《神機テンセイ》、《神機リンキ》に《神機オーヘン》。

その力で、仲間たちに協力し、次々と敵を倒していく。


そして、二つの波はいずれ、衝突することとなる・・・。

背景ストーリー


新能力

新種族

収録カード

SR

VR

鬼神ホウレイ・絶
[[]]
[[]]
[[]]
[[]]

R


[[]]

[[]]
自然
[[]]
天界
天精ヒマワリ
ドラガシラの暴刀

[[]]

[[]]
魔神界
[[]]
多色
隠された紅風 未知秘蜂

UC

C


[[]]

[[]]
自然
新緑の超人
金閣の超人
天界
生花の守人バース
天界の鬼士イルギス

[[]]

[[]]
魔神界
[[]]



そんな戦争の裏で、ある研究が続けられていた。

突如として降って来た、魔星の結晶の事だ。

それが今になって、突然光り始めたのだ。





これに引き寄せられるように


     やってきたのが、


                 『異世界文明』だった・・・・。


To be continued...

作者:ペペロン

評価

というか感想
名前:
コメント: