※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

暗闇城 アンダー・ザ・ダークネス アンコモン 闇
コスト5 城
■自分のバトルゾーンのカードは、裏側にして置かれる。(裏側にしておかれたカードは、攻撃・ブロック・能力を使うか、カードの効果による確認がしたい場合のみ表側にして、また戻す。)
■この城をつけて要塞化されたシールドがブレイクされるとき、このカードを裏側にしてシールドとシャッフルする。その後、相手はその中から1枚選んでブレイクする。その後、自分のシールド全てをデッキに加えてシャッフルし、その数だけデッキの1番下からカードをとってシールドにし、その内1枚をこのカードを付けて要塞化する。
■自分はいかなる時でもカードの位置の入れ替えができる。
(F)闇は全てを吸収する。光・姿・物、そして希望さえも。
作者:ソウル
1つ目の効果のカードの効果による確認とは、コスト・文明・パワー・種族・カードの種類の確認をとる場合です。
(例)地獄スクラッパーなら、1枚ずつ確認を取り、対象にできないor対象にしないなら保留。故に対象にできなかった「不発」もあり得ます。
2つ目の効果は用は某カードゲームの《マジカル・シルクハット》です。
相手は最高6枚の中からこのカードを当てなければなりません。
その後、のこったカード全てを表にし、このカードを除き、シールドを張り直すのです。
3つ目の効果は、バトル中・呪文やクリーチャーの効果解決中を除いた全ての場合(当然相手ターンも)でカードの順番の入れ替えができます。
元ネタは某カードゲーム《闇くらましの城》。
ややこしい効果ですみません。

評価