※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

仏蘭迷宮ラビラントゥ・ド・マジマン コモン 自然
4 城
■城
■この城を自分のシールドゾーンに置いて、シールドを1枚要塞化した時、自分の山札の上から5枚を表向きにする。その中からパワーが10000以上のクリーチャーをすべて手札に加え、その後、残りからパワーが1000以下のクリーチャーをすべて手札に加える。その後、残りを好きな順番で山札の一番下に置く。
■自分がクリーチャーを召喚する直前、相手はそのクリーチャーを見ないまま、そのクリーチャーのパワーが6000より大きいか、それとも6000以下かを選ぶ。相手が正解した場合、自分はマナゾーンのカードを1枚選び、タップする。タップできない場合、そのクリーチャーは召喚されない。相手が間違えた場合、そのクリーチャーを召喚するためにタップしたカードの中から3枚まで選び、アンタップする。
■このカードで要塞化したシールドがブレイクされる時、このカードを別のシールドに要塞化してよい。
(F)人生は選択に満ち満ちる。こんな二択なんて、無限から見ればただの塵に過ぎないんだからそんなに迷わないほうがよろしいかもね? ―――まじまん
作者:まじまん

明けましておめでとうございます。
作者カード化がブームみたいですので便乗^^ 無駄に長いテキストでごめんなさいっ。あとわたしだけ城ですね。

わたしの好み的に、巨大クリーチャーなど作ろうかと思ってましたが、わたし本人がそんな巨大な奴じゃないのでw
方針を転換して、ゲームを楽しくさせるカードというテーマでデザインしました。
自分がクリーチャーを召喚する前に、毎回「パワーxに対して『6000<x』もしくは『x≦6000』を選択する」という予想ゲームを行わせる、というもの。

新年ネタとかでカード作りたい…! でも忙しい…!
とにかく、今年も宜しくお願いします!

  • 「ラビラントゥ・ド・マジマン/Labyrinthe de Magicman」は仏語で「まじまんの迷宮」という意味。
    なぜ仏語? なんとなくに決まってる。どうせまじまんだし。