※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

デュエルマスター

作者:shinofu

オリジナルカードタイプ。
1ターンだけ強力な助っ人となる。
使うとドローが1ターン止まるが、再利用可能。
モチーフはもちろん「デュエルマスター」。
ドラゴンマスター=ルピア アンコモン 火
コスト3 デュエルマスター
■デュエルマスター(このカードを自分の山札の一番上に表向きで置く。カードを引く時、このカードを引く。自分の山札を見る時、このカードを裏向きにする)
■自分のドラゴンを召喚する時に支払うコストは4少なくなる。ただしコストは1より少なくならない。
■自分のドラゴンが攻撃する時、自分の山札を見てもよい。その中からドラゴンを1体選び、山札をシャッフルしてから山札の一番上に置く。
(F)この音色に応えてくれるッピ!!---コッコ・ルピア

使い方
①コストを支払う。
②自分の山札の一番上に表向きで置く。

山札の一番上に表向きで置かれている間、能力が適用します。

  • カードを1枚引く時、手札に加わる。
  • 《フェアリー・ライフ》を唱えた時、マナゾーンに置かれる。
  • 《パルピィ・ゴービー》を召喚した時、裏向きにされ、表向きに戻ることはない。
  • デュエルマスターがいる時に2枚目のデュエルマスターをプレイした時、1枚目は裏向きにされ、表向きに戻ることはない。
  • 使うとドローが1ターン止まるが、再利用可能。
  • イラストは「人っぽいクリーチャー」てなイメージ。まあ擬人化です。
  • 名前は「~マスター=○○○」。イコールはデュエルマスターであることを分かり易くするためについている。

デュエルマスター達


製作秘話

※読みたい人はどうぞ。shinofuのオリカの考え方です。

新カードタイプはどんなものがあるだろうかと考えた時に、大前提としたのが「他のカードタイプとの差別化」&「わかりやすさ」でした。
既に「一緒に戦うプレイヤーカード」というコンセプトはあったので、差別化と簡略化につとめます。

最初の案は
  • バトルゾーンに出す。
  • 自分のターンが追加される。そのターン、カードはアンタップできない。
でした。「一緒に戦うプレイヤー」だから「サポートとしてゲームに参加(彼のターン追加)」という感じが欲しかったのです。

しかし強すぎる。しかも差別化していない。ただ追加ターンの能力を持つ城と変わりない。

次の案
  • マナゾーンに出す。
  • 1枚で5マナ分になったりする。
「仲間のサポート感」は出ましたが地味すぎる。

ここで「わかりやすく、差別化されたカード」を考え直したところ、出す場所を整理してみます。
  • バトルゾーン⇒クリーチャー、ギア。これ以上要らない。
  • マナゾーン⇒既に沢山カードが置かれているので解りづらい。
  • シールドゾーン⇒城。
  • 墓地⇒助っ人をまず墓地に置くって…。
  • 手札⇒煩わしい。
  • 山札⇒ここしかない!

そして最終案
  • 山札の一番上に置く。
これによって「他のカードタイプとの差別化」&「わかりやすさ」の点ばかりか、他に考えていた「大勢に助けられるのはアレだから、1度に1体しか使えない」「他のカードとは別格っぽく」「ゲームを支配する」というイメージ設定も解決(したつもり)。
こうして呪文と城を足して2で割ったクリーチャーみたいなオリジナルカードタイプ「デュエルマスター」ができました。
とりあえずめでたしめでたし。