※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

鬼神装甲ヴァルシンゲン 火 アンコモン
5 4000+ ヒューマノイド/サムライ
■進化-自分のヒューマノイド1体の上に置く。
■パワーアタッカー+5000
■このクリーチャーは、アンタップされているクリーチャーを攻撃できる。
■このクリーチャーがバトルに負け破壊された時、自分のマナゾーンからサムライ・ドラゴンを1体、バトルゾーンに出してもよい。
F:「この刀、この甲冑、ただでは死なぬ!」-鬼神装甲ヴァルシンゲン
作者:匿名

アンタップキラーで攻撃時7000、バトルで死ぬとサムライ龍を引っ張ってくる。
相手は迂闊に攻めて来なくなるとは思うんですが、どうでしょうか。

評価

即時攻撃の可能なパワー7000のアンタップキラー、というスペックは強力な部類だと思います・ω・
ただヒューマノイドからの進化を挟む、というのが一手間買っていますね。相手からの攻撃に対する牽制が目的ならば、《死神戦鬼ベル・ヘル・デ・バラン》など「アンタップキラーの有効範囲が多少狭かろうが、とにかく軽くて大きいサイズのやつ」を置いておけばそこそこ働いてくれるものです。攻撃後に殴り返される事を嫌う相手に痛烈に刺さりますから。
また、バトルに負けた時にサムライ・ドラゴンをマナゾーンから引っ張り出して来られる事による破壊耐性を備えていますが、この時得られるアドバンテージを式にして考えてみますと
「このクリーチャー」+「進化元に必要なクリーチャー」⇒「サムライ・ドラゴン」
加えて、目当てのサムライ・ドラゴンをマナゾーンに置いておかなければならない条件も含め、2:1交換以下の優位性にしかなりません。
攻撃型種族であるヒューマノイドを進化させてまで、待ちの戦法である「アンタップキラーによる牽制」を準備するにしては、少々力不足なイメージがありますね。まだまだパワーがあってもいいかと。
それと、攻撃は多少抑える事ができたとしても2000程度のパワーを焼き倒す手段はいくらでもありますので、この際合計ではなく素のパワーが7000でもいいかもしれませんね。

以下余談ですが、現在にて「無条件アンタップキラー」という存在が果たす主な役割というのは、「攻撃抑制」ではなく「召喚抑制」だとわたしは考えます。あくまでわたし個人の意見です。
攻撃したらやられる。という思考は、ひっくり返せば、どうせやられるんだから攻撃しよう、と発展するかもしれません。
それに比べるなら、「召喚してもどうせやられる」⇒「ならば手札に置いておく」という思考による、召喚自体を抑制する効果がもっとも有力かと。
また、墓地利用をメインに据えたデッキが相手になる場合、相手はどうぞ倒してくれと言わんばかりに、アンタップキラーの目の前にクリーチャーを並べます。それらを倒しても、アドバンテージを稼いでいるとは言い難いですよね。
故に現在求められるアンタップキラーの資質は、とにかく相手が何を出してこようと大概ムダに終わらせられるくらいの圧倒的攻撃力を持っている事でしょうね。目論みの進行ごと叩き潰せるのが本当の《牽制》にあたるのではないかなぁと(もちろん、壊れカードは駄目ですが(笑))。
長くなりましたがすみませんでした>< 後半ほぼ関係ないと思います…w
まじまん

長々とありがとうございます。
色々参考になりました。
素のパワーを2000→4000、PA含め9000に修正します。
パワーを低めに作ったのは、バトルに負けやすくするためです。
焼かれるのはどうしようもありませんが(殴
匿名