※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カラーイーターは種族の一つ。

【特徴】
カラーイーターは基本的に命名ルールは無い。(ただし、カラーイーターを連想させるネーミングのクリーチャーも存在する)
カラーイーターの大半がカラーイートという能力を持つのが特徴。

■カラーイート(このクリーチャーはバトルで破壊したクリーチャーの文明を追加する。)

また、文明が追加されると能力が発動するのも特徴。

■プラスカラー:(このクリーチャーに以下の文明が追加された時、その能力を得る)
+火:このクリーチャーが攻撃する時、相手は自身のブロッカーを1体選んで破壊する。


【背景】
"終劇兵器"こと終劇の精霊グランド・フィナーレの暴走によって全文明が戦に駆り出され、世界は破壊され、疲弊した。

その中、水文明のサファイア・アルヴィスは遺伝子級ナノレベルの新生体素材《カラーイート》を完成させ、闇火連合軍との戦争で劣勢となっていた光文明に送り届けた。
この《カラーイート》を搭載(埋め込んだ)者を《カラーイーター》と呼ぶ。
闇火vs光の戦いで《カラーイーター》である救色の精霊アルミタラが戦況を逆転、勝利に導かせたのを見たアルヴィスは続いて各文明にも《カラーイート》を送り込んだのだった。


【背景2】
サファイア・アルヴィスの目論み通りに世界は動いていた筈だった。
だが、異変が起きた。
既に無人となっていたオリジンの街《TOBATSU》に、全文明の《カラー・イーター》が集まり、独立宣言をしたのだ。
何故、その様な行動をしたのか。サファイア・アルヴィスは心当たりがあった。

数年前。《TOBATSU》を調査していたリギット・ピープルの軍隊があるクリーチャーを捕獲した。
それこそ、オリジンの生き残りにして《カラー・イーター》のオリジナル体である黒神龍MIROKUであった。
サファイア・アルヴィスは研究の末、MIROKUから《カラー・イート》を作りだしたが……。
実は黒神龍MIROKUは、原初の光アマツハラと共にS・E・Sから生まれ出た存在だったのだ。
実は《カラー・イート》にはMIROKUの細胞が埋め込まれている。
その細胞内のS・E・Sが《オリジン》を復活させよ、と叫んでいるのか。
サファイア・アルヴィスは真意を知るべく、自らの体に《カラー・イート》を植え込んだ。

その頃、脱走したMIROKUと混沌の天翔メツルギル(未作成、または名前を間違っているよ)も一路、《TOBATSU》を目指していた……。


【背景3】
水文明は他文明との確執を避ける為、MIROKUを再捕獲する為に大隊を派遣した。
だが、彼らが出会ったのは混沌の天翔メツルギル(未作成、または名前を間違っているよ)
その遭遇から十秒も経たずに突如、大隊からの連絡は絶える。
水文明は原因を調べる為、グレードメカオー隊を派遣したが、その結果は「瞬時」に跡形もなく消滅された……としか書かれていなかった。

この世界に侵攻していたディラック族もまた、水文明が厳重に管理していたMIROKUの秘密を探るため、調査を進めていた。

「水文明ヨリ先ニ発見シ、ソノ力ヲ調ベ、コノ世界ヲ我等ト我等ノ子孫ノ楽園トスルノダ!」――深奥の精霊アブラビム
ディラック族は、元来住んでいた世界に落下したオリジナル・ハート、オリジン族と神の死骸を調べあげ、彼らが住んでいた世界に新たな楽園を築く事を誓った。

ディラック族は遂にMIROKUを発見、捕獲体制に移った。
だが、MIROKUを暗い光が取り囲んだ。

数分、暗い光は続いたが、やがてその光も失われ、光の中から進化獣が生まれ出た。
その進化獣――――滅神皇帝ノヴィス・ラプラス(未作成、または名前を間違っているよ)は生まれ出た瞬間、己の正体と使命を悟った。
そのまま彼は、ディラック・ワールドの展開で本来の姿となっていたディラック族を薙ぎ払い、再びTOBATSUへと向かった…。


背景4(未作成、または名前を間違っているよ)
その頃、TOBATSUでは異変が起きていた。
それは滅神皇帝ノヴィス・ラプラスの覚醒後、誰も触れていないのに街の中心にある教会の鐘が鳴り続き、大地は揺れ、古代の遺跡と思しき5つの巨塔が街外れに突如現れた。
そして教会の鐘がやむ頃、5つの巨塔から光が漏れ出し、5つの古代オリジン獣が降臨した。


ドラゴロード・ネイチャーロード・ホーリーロード