※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

戦いはとある辺境の地から始まった。
その地というのはどの文明の勢力下にも置かれない広大な大地であった。
位置や資源、気候などの条件が劣悪で長らく誰の手にも渡らなかった。
しかし、とあるサイバーロードルルメルの調査により、その地域にて、不可解なエネルギー磁場が検出された。

このエネルギー磁場はマナの一種であり、磁場の中央には大規模なマナの発生源があると予想された。
その磁場が広がるほぼ正方形のラインを不可解な領域ミステリー・ラインと呼んだ。

巨大なマナを得る為水文明は、ミステリー・ラインに大規模な調査隊を投入した。
しかしそれは、後に宇宙文明に分類される不明クリーチャー、Aマーズ・マルスの率いる部隊によって、全滅させられるということになった。

ミステリー・ラインの存在は次第に各文明に認知され、やがて自然と3つの勢力が誕生した。
1つは浮遊要塞艦シルヴァー・コアを保有する光文明と一部の水文明で構成されるシルヴァー・コア。
1つは連結城スケール・オブジェクトを保有する水文明の一部、火文明の一部、自然文明の3文明で構成されるスケール・オブジェクト。
1つは召喚施設ロスト・イマジンを保有する火文明の一部と闇文明で構成されるロスト・イマジン。
3つの同盟はミステリー・ラインのエネルギー磁場を利用して、クリーチャーを生み出した。



ミステリー・ラインを巡る戦いはシルヴァー・コアに傾いていた。
その戦場ではイノセント・コアのみならず、アーマード・フォートなどの光文明戦力が広く活躍した。

ミステリー・ラインを進むにつれ、宇宙文明による反撃は激しくなり、ついに巨大クリーチャー、暗黒恐獣ブラックティラノT-01タイラントにより地上に投下された。

シルヴァー・コアとスケール・オブジェクトは一時的な協力をし、宇宙文明と戦うこととなる。
聖核のコア・アルカディア三砲機トリプル・カノンはブラックティラノと戦闘するも、二者共に完全に押されていた。
だが、アーマード・フォートとオブジェクトによる援護砲撃により何とか相討ちという結果に終わらせた。

大きく疲弊したシルヴァー・コアとスケール・オブジェクトは一時活動を休止することになる。
だが、ロスト・イマジンは静かにその牙を光らしていた。