※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

因果とは最近、新たに台頭しているナイトの新勢力。
主に光、水、闇文明といった、戦国武闘会古参のナイト家が属する文明が多いが、他の文明にも存在する。

命名ルールは名前の一部に《因果》を含む事。これは多種族時でも変わらない。

自らもナイトでありながら、全てのナイトを憎み、滅ぼそうしている特異な存在。

因果一門は、何処の一門、財閥(邪眼、天雷など)の家では無い故に加われないナイトの家に生まれた《タレスⅣ世》が自分と同じ境遇のナイト達と結託して建立した。

このタレスⅣ世は、因果一門の建立後、因果大公ディオゲネスⅠ世と名乗り、実質、因果一門を率いている。

因果一門は、建立後、その勢力を広げる為、各地で滅びかけているオリジン残党と手を組む事に成功。
それでも飽き足らないディオゲネスⅠ世は、名門の分流の末席に座れない血筋のナイトも迎え入れた。


僅かながらも名門家の血を引くナイトの参入。
それは、名門家と血縁関係が無いナイトしか居なかった因果一門に衝撃を与えた。


これにより、因果一門の中では反対派による反乱・裏切りが相次いだが、因果の封魔ユーグリットの非情な采配により直ちに終結した。

この事件の後、実力を認めたディオゲネスⅠ世により、因果の秩序は因果の封魔ユーグリットにより守られている。

更なる勢力の拡大に成功した因果一門は試行錯誤の果てに《死なない》という特異な能力を手に入れ、遂に表舞台に登場。
そして、邪眼・天雷・氷牙・魔光・赤烏・桜碧・爆獣など現存の名門に対し、《因果一門》の登場と他の名門に対する宣戦布告とを宣言した。

因果一門

《クリーチャー》


《呪文》

()内は魔弾の使用者。


因果一門の最期

一門を率いていたディオゲネスⅠ世の死後、一門内で混乱が起きた。

ナイトの憎悪が爆発した。今こそ、恨みを晴らすべく。蒼狼・天雷・魔光・氷牙……あらゆるナイトが因果の騎士に襲い掛かった。そして、彼らはたちまち崩壊してしまった。-惑星文明史第十四巻《ヒルデヴァルトのレポート》より

更に蒼狼など他のナイトによる追撃を受け、門の名前と勢力を維持出来ず、空中分解したと伝えられている。

因果一門は、その名前と勢力を維持出来ず、緩やかに、数千年掛けて、5つの勢力に瓦解していったという。(不死・彼岸・不滅・転生・輪廻) しかし、更に数万年経つと、各勢力が存在しているかも分からなくなった。こうして不死と永遠を謳った因果一門は終わりを迎えた。-惑星文明史第十四巻《ヒルデヴァルトのレポート》より


遂に彼らは理想郷を見る事も無く 果てしない永劫の歴史に埋もれた。再び彼らが日の目を見ることは無いだろう。再び彼らが蘇る事も無いだろう。彼の夢を追う者は既に無く これより現れることも無い。-南トバツ石碑より

遥かな時間が経った現在では、彼らは《神話》の中でのみ語り継がれている。-惑星文明史第十五巻 吟遊詩人ダレモスの《説明》より