※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

超次元ソアリティ・ホール 影 コモン
15 呪文
■このカードをマナゾーンに置く時、このカードを手札に加える。
■G・ゼロ―このターン、《超次元ソアリティ・ホール》以外の呪文を唱えていれば
■相手は自身のマナゾーンにあるカードを1枚墓地に置く。
■コスト15以下の影のサイキック・クリーチャーを1体バトルゾーンに出す。
それはシャドーじゃない、ソアリティさ
作者:影虎

 影文明のサイキック・クリーチャーしか出せなくなってしまった代わりに、G・ゼロ条件が大幅に易しいものとなり、更にデメリットも無くなった超次元シャドニング・ホール
呪文さえ唱えていればG・ゼロの為、1マナ呪文からこのカードに繋ぐことで、先攻1ターン目からカゲが呼び出せるという状態に。しかも、ランデス効果までついている為、相手の動きを遅らせることも出来ます。

それとソアリティとは一体・・リアリティでなくて?  サボりンダー

造語かもしれないですね。
もしくはソアsore【苦痛】+ティty【抽象名詞化接尾語】→sorety?とか…。あ、でもこれじゃソアーティですね。
まじまん

しまった、名前はリアリティですね、
影虎