※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

光神龍アルバトロス・スパーク 光 VR
コスト7 9500 アポロニア・ドラゴン
■Hソウル
■Wブレイカー
■自分のクリーチャーがバトルするとき、相手のクリーチャーを1体タップする。
■このクリーチャーが相手に選ばれるとき、山札の上から1枚を裏向きのままシールドゾーンに置く。
■自分のターンの終わりに手札を1枚捨ててもよい。そうした場合相手は次のターン自分のクリーチャーをアンタップできない。
■このクリーチャーが破壊された時、自分のクリーチャーをすべてタップする、この効果でタップされたクリーチャーは次のターンの終わりまでアンタップできない。
(フレーバー)「我が前に盾も剣も無力なリ。」―光神龍アルヴァトロス・スパーク
作者:晶牙

意外に厄介

評価

強化型アンタッチャブルにタップ能力もあり、アンタップ封じも持っていたりと、制圧力にかけては頭抜けた威力を誇るドラゴン。種族デッキに留まらずH・ソウルデッキなどでも主力になりえると思います。アンタップ封じのコストは《海底鬼面城》でほぼ打ち消せますね。
ですが7コストのクリーチャーにしてはコスト論の逸脱が度を越している気がします。
パワー9500が妥当な光の7マナクリーチャーですから、能力を削るかデメリットをつける必要があると思われます。
あと「Albatross」はヴァ行の発音をしません。
まじまん

こんなものでどうですか?
破壊されたくないです。
晶牙

ドローソース、それと《スーパー・スパーク》と併せた際の制圧力が半端じゃないんですよねー……パワー9500を超える進化クリーチャー、もしくはスレイヤーで殴り倒すしかなくなります。それでも傍らに自分のブロッカーがいれば安全です。
確定除去を撃とうにもアンタッチャブルですし。なかなかしぶといクリーチャーなので破壊時のデメリットはほぼ無関係かもしれません。
これ以上いろいろ手を加えると当初のコンセプトを見失いそうですが、こういった、長くバトルゾーンに居座ればそれだけで勝負が決まりそうなクリーチャーは普通、殿堂入り候補にあげられます。
破壊されたくない、というのでしたらタップ能力とアンタップ封印能力を削ればこれは解決しますし、本来タップ能力による制圧を目的としていたクリーチャーならばアンタッチャブル能力を削ればいいと思います。
もしくはデメリットを超酷くするか。
無理にとはいいませんが。
まじまん


効果修正。