※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

光神龍イェスタデイ・アフェア 光 スーパーレア
7 9000 アポロニア・ドラゴン (オーシャン・パワー)
■各ターンの始めに前のターンに両プレイヤーが引いたカードの数、自分はカードを引く。
■W・ブレイカー
作者:影虎

収録


評価

誰もドロー呪文を唱えなかった場合でも、普通に各ターンのドロー数が凄まじいですね。
召喚してターン終了、相手のターンのはじめに1ドロー(前のターンの、自分の通常ドロー分)。
自分のターンになって、通常ドローとあわせて合計3ドロー(相手の通常ドロー1枚と、効果処理による自分のドロー1枚)。
相手のターンになって3ドロー(前のターンの効果処理3ドロー分)。
自分のターンになって、通常ドローとあわせて合計5ドロー(相手の通常ドロー1枚と、効果処理による自分のドロー3枚)。
相手のターンになって5ドロー(前のターンの効果処理5ドロー)。
確かに手札は増えますが、強制効果なのでライブラリアウトが心配されます。
特に、召喚して3回目の自分のターンにはすでに合計24枚のドローを、このクリーチャーの効果でしていることになりますから。
まじまん