※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

刻炎(こくえん)の精霊カウント・テン 光 SR
コスト8 1000 エンジェル・コマンド
■Kソウル
■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、各プレイヤーは「ブレイカー」を持つクリーチャー、自分の手札、シールドゾーン、墓地にあるカードをすべて山札に戻しシャッフルする、そのあと、山札の上から10枚をシールドゾーンに置く。
■このクリーチャーはバトル以外でバトルゾーンを離れない。
■各ターンの終わりに各プレイヤーは自身のシールドを1枚選び墓地に置く。
■シールドを追加するとき、もしくは「ブレイカー」を持つクリーチャーをバトルゾーンに出すとき、代わりにそのカードを手札に加える。
■このカードの効果によって最後のシールドが墓地に置かれたプレイヤーはゲームに負ける。
(フレーバー)「10数えるまでに決着をつけろ。」―刻炎の精霊カウント・テン
作者:晶牙

第2弾に収録予定

1回目に書いた時コピペが出来なかったので効果を修正

え?なんで光がKソウルを持ってるか?
第2弾の特徴だからです。


手札・シールド・墓地をデッキに戻した後にシールドを10枚にする効果はcipでしょうか?
また、最後の効果は「このカードの効果によって最後のシールドがブレイクされた」とありますが、シールドを墓地に送る行為は厳密にはブレイクではないので、テキストを変更すべきだと思います。
後、このままだと「光霊姫アレフティナ」が出ている間にバトルゾーンに出せば、10数えるどころか瞬殺になってしまうので、デッキに戻すカードに「バトルゾーンの他のクリーチャー全て」と言うのを入れてみては如何でしょうか?双方共に重いですが「逆転のオーロラ」というシナジー抜群のカードも存在しますので。
炭塵

効果を修正。
他のクリーチャーすべてだと攻撃可能なのがこいつだけになるので
晶牙