※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




闇・火と光の戦いは一旦、終わりを迎えた。
だが、戦いは飛び火し、元々思想の違いから対立していた因果一門とサムライの名門幽朧の激突を招く。

世界の理を尊重する幽朧にとって、理を無視し、破壊行動を続ける因果は断罪の対象となった。

しかし、因果の不死卿フィーニクスの率いる不死大隊に幽朧は苦戦を強いられ、各地で敗北を重ねる事となる…。
そんな同胞を見た幽朧王クレニアム邪眼皇ピョートルⅡ世に協力を要請。
先日の事件のこともあり、邪眼皇は快諾。各財閥に集結と蜂起を呼び掛けた。
邪眼皇を指揮官とし、天雷大王、氷牙皇帝の下、名門財閥が連合軍を結成。

二人で確実に一人討て! ダメなら三人、四人でやれ! 木端微塵になれば流石に不死大隊も生きられまい。――邪眼の滅公ヴァツァーリーⅠ世


しかし、騎士の中に因果の思想が広まり、共感する者は次第に現れる。
それは名門財閥に多大な影響を与える事となる…。


残り UC1 C5 計11


【火】
SR
VR
R
UC
C

【自然】
SR
R
UC
C

【光】
SR
VR
R
UC
C

【水】
SR
VR
R
UC
C

【闇】
SR
VR
R
UC
C

【多色】
VR
R
UC
C


【背景ストーリー】

side 因果

不死大隊が一人、また一人と倒され、勝利の予感がした頃、連合軍は信じられない光景を目にする事となった。

それは、名門財閥―の傍流にある騎士達の姿だった。

彼らは数世代もの間、財閥の本流に加わろうと奮闘していた―それは叶わないと知りながら。
だが、いつかきっと叶う。
ここ二、三世代の活躍で没落していた財閥家を蘇ったのだから。
だが、未だに何も変わらない。変わるのは時間のみ。最早、駄目なのか―。
そんな彼らが救いを求めたのが、因果だった。


反乱を起こし、寝返った傍流の騎士達は、長年の怨念を力に「かつて所属していた財閥」に襲い掛かる。

そして、一つの凶弾が運命を変える。


邪眼皇ピョートルⅡ世、仲間を庇い、死亡。
その魂はフィーニウスによって《因果律の無い世界》へ永遠に封印された。

邪眼皇兼、ロマノフ家現当主兼、連合軍指揮官の死亡。
その衝撃は計り知れず、連合軍は一気に悲観ムードに包まれた。
邪眼皇を喪った邪眼財閥は摂政により、財閥内の混乱の鎮めるため、戦線を縮小することが決定する。

連合軍は指揮官を失い、その代わりになると思われた天雷大王・氷牙皇帝は反乱軍の鎮圧に忙しく、手が回らない。
新たな邪眼皇の選定も、諸侯の対立で全く進まない。

もはや、連合軍の崩壊は時間の問題かと思われた時、因果の台頭に危機感を抱いていたある男が立ち上がった。
それは、蒼狼の棟梁であり、始祖アマテラスの子孫である蒼狼の覇者チンギス・ハーン
彼は新たな指揮官を快く引き受け、更なる仲間を得た騎士の間に士気が蘇った。

一方、同じくサムライの名門・武烈内では龍族とコマンド族の勢力争いが激化。
龍族が連合軍に加わるや否や、コマンド族側は因果と同盟を締結。

武烈の聖霊王アナイアレイトの殲滅剣術が、連合軍に襲い掛かる!


side 五大文明

所属文明の制止命令を振り切り、勝手に連合軍を組んで争うナイト・サムライたちを危険に感じた各文明は、正義の執行者であるS・ソウルのもと、緊急五文明議会を設ける。

三日三晩に渡る長き議論の末、五文明は一連のナイトとサムライの行動を《反乱》と断定。
S・ソウルを中心とする、《至高戦士計画(未作成、または名前を間違っているよ)》で生み出された兵士による文明軍を結成、戦線へ送り込んだ。

戦いは混迷を極めるが、その中で神祈だけは怪しい動きをしていた…。


【状態】
《連合軍側》蒼狼・邪眼(途中から離脱)・天雷・氷牙・幽朧・武烈(龍族)
 《因果側》因果(財閥から寝返った騎士により急増中)・武烈(コマンド族)

《不明》神祈


1/13 1:42分完成!

反省点

ナイトメインなのに少なすぎ。特に邪眼財閥は以後の登場機会がないので、出来れば改修したい。

コメント

名前:
コメント: