※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

無双竜機ドラグストライザー 火/自然文明 SR 
コスト8 8000 アーマード・ドラゴン/アース・ドラゴン
■このクリーチャーをバトルゾーンに出したとき、相手のクリーチャーのパワーの合計が8000以下になるように好きな数破壊する。その後クリーチャーを破壊した数一体につき相手のシールドを一枚選び墓地に置き、自分の山札からパワーの合計が8000以内になるように好きな数クリーチャーを出してもよい。
■Wブレイカー
(F)新たなる伝説が始まろうとしている・・・!
作者:異次元くん
パワーの合計が8000になった超銀河弾 HELLを内蔵し、パワーが8000以下になるように山札から好きな数クリーチャーを出す無双竜機の名に恥じない強さのクリーチャーのつもりです。

評価

テキストのミスを修正させていただきました。
同じようなミスを何度か見かけているのですが、せめて作者名くらいは統一していただきたい。
まじまん

多色補正を考えるとこのクリーチャーのもともとの持ちパワーは13000。
まず《超銀河弾 HELL》が8000になったとみるとこの能力のコストは大体8~9。
この時点でこのクリーチャーのパワーは1000~2000ぐらいまで落ちてもいいはずなのですが・・・?
とりあえず、8コストのクリーチャーが持つcipとしては強力すぎる気がしますね。
まあ9コスト以降はコスト論完全無視の領域に入りますからコストをあと1~2あげれば問題ないと思います。
セレナーデ

セレナーデさん
コスト論崩壊ファッティは、「相手に害を与えない」能力にだけ許されています。
《サイバー・A・アイアンズ》は「自分が5枚ドロー」。
《大河聖霊エル・ドラード》は「自分がS・トリガーを使える」。
《恵みの大地ババン・バン・バン》は「自分のマナが増えるだけ」。
いまのところ、相手に害を与えてアドバンテージを稼ぐカードはコスト論に沿っています。
コスト的に強い、と思えても、《死滅恐皇グラヴィッツZ》のように若干相手任せで汎用性にあふれているわけではない、というのが多いですし。
《超銀河弾 HELL》は「」で「10マナ」で「呪文」だからこそ殿堂などの制限を潜り抜けられましたが、こちらは《母なる紋章》《魔龍バベルギヌス》《コッコ・ルピア》《竜星バルガライザー》が通用するカードなので危険、と判断できると思います。
まじまん

まじまんさん>そうだったのですか。
そう言われてみればそうですね・・・気がつきませんでした。
セレナーデ