※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

星戦編 背景ストーリー


01:星戦編 第一弾(プラネット・コマンド)


五皇帝亡き今、世界を統括しているのは、各地で力を付けていた神羅達であった。
神羅は早速、自然文明の調査隊に終焉の魔導具跡地の捜索を依頼した。

調査隊が跡地で目にしたものは、想像すらしていないものだった。
大きな穴の真ん中に、かつて宝玉をめぐって争ったとされる光と闇の戦争を止めた戦士《兵極エンゲツ》の姿があった。
穴の奥深くで封印されていたエンゲツは、終焉の魔導具という重しを失い、自由の身となっていた。
エンゲツは、光と闇の姿を感知して抹殺するようにプログラムされていた。

光の本拠地「シルヴァー・グローリー」に突撃していったエンゲツは、並はずれた戦闘力で光の城を瞬く間に崩壊させていく。
さらにエンゲツは地上に降り立ち、闇文明の本拠地を標的に据えた。
光と闇を殲滅せんとするエンゲツは、一日にして光文明と闇文明を壊滅状態にまで追い込んだ。

これを三文明の反乱ととらえた光と闇は水文明の科学力を奪い取り、精霊と悪魔の魂を使って、エンゲツに対抗できる最強の兵士《兵極キラボーン》を作り上げた。

キラボーンエンゲツとは対極の存在であり、火と自然を抹殺するようにプログラムされた。

そして、ついにエンゲツキラボーンが対峙した。
が、ここで光と闇が予想だにしなかった事態がおきた。
どういうわけかは知らないが、エンゲツキラボーンが手を組み出したのだ。

キラボーンはその有り余る魔力で、各地に眠る究極生命体「パーフェクト・ハート」を復活させ、世界の征服に乗り出してきた。
世界は、再び戦争に包まれる・・・。

02:星戦編 第二弾 裏世界の強者達(バック・オブ・ストロング・コマンド)


宝玉事件の直後で、しかも不意打ちとはいえ、たった一日で二つの文明を壊滅寸前まで追い込んだ兵極の戦闘力に、五文明はかつてない恐怖を覚えた。
エンゲツの覚醒が三文明とは無関係だと分かった光と闇は、三文明に和解を求めた。三文明はこれを承諾した。
兵極の異次元ともいえる戦闘力に対抗するためには、こちらもあらゆる戦力が必要だろう。
龍、不死鳥、超神羅・・・五文明はあらゆる力の研究を開始した…。

一方、二人だけでは強大な神羅達に打ち勝つのは不可能だと分かっていたエンゲツキラボーンもまた、新たな戦力を欲していた。
エンゲツは自らの名を「フレイマー」と改め、《兵極将タクティクス・フレイマー》と名乗り、全世界に呼び掛けた。
 ―――我々力のある者だけが生きる新しい世界を創ろうじゃないか。
その一言で、元より戦いを欲していた強力な戦士たちが次々と現れ、中には兵極の素材志願者もいた。
さらに、古代に「風神雷神」と恐れられたストーム・コマンド達までもがフレイマーに力を貸した。
フレイマーは集まった素材たちで次々と兵極を作りだし、ついに「兵極軍」として名乗りを上げた。

フレイマーの勧誘が順調に進む中、キラボーンはなぜか知識の宝庫である「サウザンド・アーク」にいた。
キラボーンはある兵士を探していた。決して表舞台には出ないと言われ、伝説とまで言われた種族「アサシン・コマンド」であった。
存在すら疑わしかったが、キラボーンは自らが目覚めさせた《探索の極致ハイ・スコープ》を使い、サウザンド・アークでの文献を頼りにして、その居場所を突き止めたのだ。
キラボーンは、伝説と呼ばれた暗殺者を引き入れることに成功した…。

03:星戦編 第三弾 破滅の降臨(フューチャー・トゥ・ルイン・コマンド)


兵極軍が、ついに戦争の狼煙を上げた。
これまで研究してきたすべての力を戦争にぶつける五文明。予想以上の抵抗に戸惑う兵極軍。
だが、将軍であるフレイマーが先陣を切り出した瞬間、兵極軍はぐんぐんと歩を進めた。
そして、フレイマーの手がついに敵の中心部に届こうとしたその瞬間―――

フレイマーの体を、無数の刃が貫いた。
刃の主は、キラボーンが引き入れたアサシン・コマンドの《暗殺兵ミリオンエッジ・A1》であった。
倒れるフレイマーの前に、キラボーンが姿を現した。キラボーンはこう言った。

 ―――エンゲツよ、お前のおかげでこれだけの力が集まった。ご協力感謝するよ。だがな、お前の理想と、私の理想は違うのだ。

そして、キラボーンは周りにいた強力な龍や神羅、はては味方であるはずの兵極達の魂を使って召喚術を起動した。
キラボーンの真の目的―――それは、この星を方舟として宇宙のどこかにある「楽園」にたどり着く、というものだった。
星を動かすには、星の化身「星龍」の力が必要だった。
星龍を召喚するために、強大な兵極達への怖れを利用して五文明に力を蓄えさせたキラボーンは、その力を使って《星龍ティアマット・アース》を召喚。パーフェクト・ハートが持つ「極限融合能力」を使い、星龍との融合を果たし、ついに《星将グランド・キラーボーン》として世界に降臨した。
キラボーンが星の軌道を操作し始めると、無理やりの軌道変更で耐えきれなくなった星のあちこちで天変地異が発生した。
キラボーンを討たねば、星中の生物がこのまま死滅する・・・。
五文明の、破滅との戦いが再び始まった。

04:星戦編 第四弾 伝説の戦士(ザ・エンシェント・レジェンド・コマンド)


揺れ動く大地のせいで、まともな身動きすら取れない五文明の軍勢。
わずかに力のある者たちは抵抗するも、星と同等の力を持つキラボーンには抵抗にすらなっていなかった。
その時、わずかに生き残った兵極軍の民が、フレイマーの亡きがらと自らの体を使って兵極にしてほしいと五文明に頼んだ。
キラボーンに裏切られ、倒された仲間の仇を討ちたいと言った。そして、何より折られた自らの誇りのために。
五文明は持てる技術をすべて使い、キラボーンを討つ最強の兵極の製作に取り掛かった。
しかし、今いる兵極達や五文明の精霊、悪魔などでは、キラボーンを討つなど到底不可能だった。
そんな中兵極たちが連れてきていたのが、同盟を組んでいたストーム・コマンドアサシン・コマンドの大将格である《大嵐神パルス・ジャムブウル》と《暗殺統括デスサーベル・S2》だった。
彼らもまた、キラボーンを倒すための兵極化志願の一人であった。
こうして、五文明はキラボーンを討つための最強の戦士《兵極レジェンド》を作りだした。
レジェンドキラボーンの前へ進むと、キラボーンはかつてない強者の気に押されながらも、武器をとった。そして、二人の武器が交差した。
勝負は一瞬だった。キラボーンは、立ったまま命尽きていた。

天変地異がおさまった星の上で、レジェンドは佇んでいた。五文明も、歓喜の声を上げる者は誰もいなかった。ひたすら静寂だった。
生命の危機は確かに護られた。だが、キラボーンが捻じ曲げた星の軌道は、戻ることはない。この星を取り巻く環境は、すぐに変わるだろう。
暗黒の宇宙を、星はただ真っ直ぐ進んでいた。どこにたどり着くかなど知りもせずに。

ここまで読んでいただいてありがとうございました。
バッドエンドみたいな終わり方ですいませんw
byセレナーデ