※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シュベツァル気合ループ(笑)は、《氷牙シュベツァル》と《クルトの気合釣り》、そして《氷牙レオポル・ディーネ公》もしくは《サイコメトルβ》による無限呪文ループ。
これらと何らかのカードを組み合わせることで、擬似《ロスト・ソウル》のようなオールハンデス、さらにはオールバウンス無限マナブーストを狙う。
※コンボ(シナジー)に必要な要素を で示してあります。

氷牙シュベツァル 水 R
3 1000 サイバーロード/ナイト
誰かが呪文を唱えた時、自分のマナゾーンのカードを1枚選びアンタップしてもよい。

クルトの気合釣り コモン 光
1 呪文
■S・トリガー
呪文を1枚、自分の墓地から山札の一番上に置く。

氷牙レオポル・ディーネ公 コモン 水
4 2000 サイバー・ウイルス/ナイト
自分が呪文を唱えた時、カードを1枚引いてもよい。

《氷牙シュベツァル》と《氷牙レオポル・ディーネ公》がバトルゾーンにあり、手札と墓地に《クルトの気合釣り》がそれぞれ1枚ずつあれば準備完了。
この状態で手札から《クルトの気合釣り》Aを唱え、墓地にある《クルトの気合釣り》Bをデックトップに置く。そして、そのBをレオポル・ディーネの能力で手札に加える。
その後、シュベツァルの能力で、Aを唱えたコスト1をアンタップする。
それが終われば、最初に戻ってまた同じ動きが可能。
これにより、無限に《クルトの気合釣り》を唱える →無限に呪文を唱えられる事になる。

この現象と、以下のようなクリーチャーを組み合わせればよい。

邪眼の銃鬼イヴァンII世 レア 闇
7 6000 デーモン・コマンド/ナイト
■W・ブレイカー
自分が呪文を唱えた時、相手は自分自身の手札を1枚選んで捨てる。

氷牙アクア・マルガレーテ卿 レア 水
7 4000 リキッド・ピープル/ナイト
自分が呪文を唱えた時、バトルゾーンにある進化以外のカードを1枚、持ち主の手札に戻してもよい。

爆獣マチュー・スチュアート コモン 自然
4 2000 ドリームメイト/ナイト
自分が呪文を唱えた時、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置いてもよい。

《邪眼の銃鬼イヴァンII世》を置いておけば、《クルトの気合釣り》を唱えるたびにハンデスが発動し、毎ターン擬似《ロスト・ソウル》ができる。
《氷牙アクア・マルガレーテ卿》がいるなら相手のバトルゾーンにあるカードをすべて手札に返す事が可能。
《爆獣マチュー・スチュアート》なら好きな量のマナブーストが叶えられる。

その他、《邪眼皇ピョートルⅡ世》や《赤烏の騎士ルイヴィジョンI世》と組めば相手のクリーチャーを一掃できたり、《蒼狼皇グリギンダム・神雷》があればシールドのカードをすべてコスト踏み倒し可能。《邪眼竜鬼ヴァイオレットサンダー・ロマノフ》も《ロスト・ソウル》を放つ。などなど未来は明るい。

長所

上記の通り、大規模な活躍が見込める。
動作には攻撃もブロックも必要としないので、「S・トリガー」や「ニンジャ・ストライク」に割り込まれないというのが特徴。

短所

パーツが多い。
ループを達成する事自体、《氷牙シュベツァル》・《クルトの気合釣り》2枚・《氷牙レオポル・ディーネ公》が必須となっている。
そこへ、呪文のキャストにトリガーするクリーチャーを置かなければループの意味がない。パーツを揃えている間にも攻め込まれたり、パーツを除去されたりと、割と手間がかかり崩れやすい。



関連