※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • マキシマムスペル
(この名前を持つ呪文を唱えた時、好きな回数までこの名前を持つ呪文のコストを支払って、この名前を持つ呪文をコストを支払えた回数だけ唱える呪文)
○テキストには
この呪文のコストを好きな回数まで支払い、コストを支払えた回数だけこの呪文を唱えてもよい。(ただし、マキシマムスペルのこの効果は、1ターンの間に一度しか使えない)
 が含まれている呪文である。
この能力を得た事によって起こるコストの変動は、+1。

余談

カードが使えなくなる状態をできるだけ避けるために作られたカテゴリー。
本来の力を使わないもよし、コスト軽減から暴走させるもよし
様々な局面で、最大の力(マナ)で使えそうだという事で
マキシマムスペルという名前がついた。
ただ、似たような効果をもたらすチェーンスペルと違って墓地が増えない。