※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ここは闇文明の本拠地……
本来の統治者は『悪魔神ゼノバロム』であったが、革命戦争の最前線で戦うゼノバロムの代理として、モナーク家の『悪魔神ゼロ・モナーク』が臨時で指揮を執っていた。
闇文明の名門といえば、邪眼財閥をはじめとするナイトたち。記憶に新しい、破壊の神『バロム』の血筋のバロム家。そしてかの覇王ブラック・モナークの直系であるモナーク家だ。

ゼロ「何故、我らが血統が、バロム家の連中より下級なのだ」
絶対的に偉大なハズのモナーク家が、新興のバロム家の家臣と成り下がっていることにゼロ・モナークは怒りを覚えていた。
だが、やっとその怒りから解放される。
臨時職いえど、この状態の闇文明においての最高権力者はゼロ・モナークである。
これは好機だ。革命軍との戦線も収縮しつつあるが、まだまだ収まる気配は無い。
この時間を利用して、ゼノバロム以上の武勲を挙げ、皇帝に上り詰めるのだ。

レグナ「ゼロ・モナーク様。捕えました」
エンプ「何よ、あなた! 私を誰だと思ってるの!」(←エクストラ・ウィンしようと思ったら、レグナの効果で全部パァになった)
ゼロ「大人しくしていろ、貴様はただの人質だ。ゼノバロムの奴が帰って来た時の為のな……」
エンプ「な…… アンタなんか返霊すれば敵じゃ無いんだから……」
レグナ「残念ね。私の力があれば、そんなこと不可能なの」
エンプ「くっ……」
ゼロ「牢に入れておけ。見張りには『お清めトラップ』を持たしとけよ」

満足げな顔で言い放つゼロ・モナーク。
レグナはS心丸出しのニヤニヤ顔で、捕縛されたエンプレスを牢まで引き摺って行った。

エンプ「バーカ! バーカ! ちょっ…離しなさい! どこ触ってるの、ちょっ待っ」

フェードアウトするエンプレスの声。
何が起こっているのかは知らないが、とりあえずゼロ・モナークはハイテンションだった。
激しい歓喜により、笑いが漏れる。あまりにも笑いすぎて、腹筋が痛くなるほどだ。
てか、ゼロ・モナークは笑いすぎて、死ぬかと思った。というより、実際死んで、ヤタイズナにリアニメイトしてもらっていた。


数日後…… 『ヘドリアン製造所』
ラウオン「準備はできております。ゼロ・モナーク様」
その言葉にまた笑いが漏れそうになるゼロ・モナーク。だが威厳という物があるので、ここは頑張って堪えた。

ゼロ「では、これからフィオナの森への侵攻作戦を開始する!」
声高らかに宣言する。
この侵攻作戦が成功し、圧倒的領土を得れば、絶対にゼノバロムを出し抜ける。
自然文明の戦力では絶対に止められない。故にこの作戦は成功する。

母艦男「ヘドロブースト全開!」
自走榴弾砲男「フィオナの森に向けて、全速前進DA!」
動きだす闇の軍勢。そして、動き出すゼロ・モナークの思惑。


おまけ『母艦男内部』
飛行男「ほらみろ。ゼロ・モナーク様、笑わなかっただろ? 締める時は締めるんだよww」
滑空男「ちくしょう! ヘドロアイス奢りかよ!」
飛行男「もちろんヘドロンダッツな」(※少々高価格なヘドロアイス。滅多に買わない)
滑空男「くそっ… 次は戦果報告の時、笑うかどうか賭けようぜ」
飛行男「いいだろう。俺は…絶対笑う方に賭けるわ」
滑空男「なんだ、お前もか…… それじゃ賭けになんねーじゃねーか」