※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

破壊と解体の城(エターナル・キャッスル) 火/闇 ベリーレア
コスト7 城
■マナゾーンに置くとき、このカードはタップして置く。
■相手がクリーチャーを場に出した時、相手は自身のクリーチャーを1体選び破壊するか、マナゾーンの自身のカードを1枚選び墓地に置く。
■この城を付けて要塞化したシールドが他の城によって要塞化されていなければ、そのシールドが相手クリーチャーにブレイクされる時、かわりに自分のシールドを1枚手札に加えてもよい。
破壊と解体。結局バラすことに変わりはない。
作者:yya

出ると非常に対処が難しい城。この城を除去するにはクリーチャーのアタックが必要だが、ほかに自分のクリーチャーがいない場合、自分のマナ破壊しなければ攻撃に繋げないというジレンマに襲われ、しかも回避能力を持っているのでガジラビュートなどのシールドを直接焼くクリーチャーが出てこない限りほぼ難攻不落の城になりうる。きっと。

評価

  • 7コストと言うのは能力を見るとかなりバランスの良いコストですね。ただ城なので、意気揚々と出した返しのターンに既にバトルゾーンにいるクリーチャーに畳み掛けられると怖いですね。所属文明が防御に疎いのも込みで。そう言う面で見れば、城版アルファディオスとも見れますね。非常に面白いカードだと思います。 -- 炭塵 (2011-01-06 22:49:30)
  • すでにいる敵から攻撃を受けるとは・・・ 考えもしませんでした・・・ -- yya (2011-01-07 09:44:03)
名前:
コメント: