※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ん?飛鳥、どうした?」

「反応がある。ついにあれが手に入るかも!!」


とある世界、とある研究所。兄妹の研究者がいた。

「あれって・・・まさか?!」

兄の名はエンソウ春徒。ある世界では各世界の英雄たちと一緒に戦い、またある世界ではボールが炎をまとうほどの豪快なシュートを決めたりしている。

「そう!!これで私たちも!!」

妹の名はエンソウ飛鳥。ある世界では兄と同じく炎のシュートや闇の力を使ったシュートを決めたり、空飛ぶ巫女と一緒に異変を解決したりとしていた。

彼らは、世界から世界へと、いろいろな所を、超次元の穴を使って出入りしていた。

しかし、彼らの求めるものはなかった。

そしてついに、見つけ出したのだ。彼らが求める本当の物。

「さっそく行くぞ!」

「うん!」

彼らは、早くも超次元の穴を開け、その世界に飛び込もうとしていた。

その世界の名は------



「「3,2,1、GO!!」」


デュエルマスターズ界


「あれ?え、ちょ、なななにこれぇ!?」

飛び込んだはいいものの、その先にあったのは、黒雲だった。

「時空の乱気流か・・・ぐッ!!飛鳥!!耐えろ!!!」

しかし、遅かった。

隣にいた飛鳥はすでに乱気流に飲まれたのか、どこにもいない。




「飛鳥!?おい飛鳥!!!」



出口は、すぐそこだった。



つづけ←