※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

リバーシブルとは、以下の効果を持つカード郡のことである。
カードの種類に応じて・以下の名前が異なる。

クリーチャー用(リバーシブル・サモン)
■リバーシブル・サモン(このクリーチャーを召喚する代わりに、自分のマナゾーンのカードをコスト分アンタップしてもよい。そうした場合、このクリーチャーは相手が召喚したものとして相手のバトルゾーンに召喚する。このカードがバトルゾーンを離れるとき、元の持ち主に戻す。)
呪文用(リバーシブル・マジック)
■リバーシブル・マジック(この呪文を唱える代わりに、自分のマナゾーンのカードをこのカードのコスト分アンタップする。そうした場合この呪文は相手が唱えたものとして相手がこの呪文の効果を使う。この呪文を唱えた後、元の持ち主の墓地に置く。)
クロスギア用(リバーシブル・ギア)
■リバーシブル・ギア(このクロスギアをジェネレートする代わりに、自分のマナゾーンのカードをこのカードのコスト分アンタップする。そうした場合このクロスギアは相手がジェネレートしたものとして相手のバトルゾーンにジェネレートする。このカードがバトルゾーンを離れるとき、元の持ち主に戻す。)
城用(リバーシブル・キャッスル)
■リバーシブル・キャッスル(この城を要塞化する代わりに、自分のマナゾーンのカードをこのカードのコスト分アンタップする。そうした場合この城は相手が使用したものとして相手が自身のシールドに要塞化する。このカードがシールドゾーンを離れるとき、元の持ち主に戻す。)

その特性上種類や文明を問わない。
また、カードを渡してマナをアンタップするので、カードアドバンテージをテンポアドバンテージに変える効果ともいえる。
この効果を持つカードには何かと裏や逆といった関連の言葉を入れてくれると嬉しいです。

追記
いくつかの効果裁定について
1、コストが軽減されている場合
召喚のコスト裁定は、「手札にある時点」で計算されるので、「元の持ち主」のコスト軽減に依存されます。
例えば「バベザベルグ・逆刃・ドラゴン」を召喚する時、自分の場にコッコ・ルピアが1体いる場合、強制効果で本来のコストから2少なくなっているので、アンタップするマナを2少なくします。
また、自分の場にあるのが「ザンゲキ・マッハアーマー」(任意効果)の場合、召喚コストは1少なく、リバーシブルの場合は本来のコスト・・・とすることも可能です。
2、「相手は使用できない」関連
相手の場に「光神龍スペル・デル・フィン」などがいるとき、本来呪文は唱えられませんが、リバーシブルの場合は発動者は相手なので、リバーシブルの場合のみ使用可能・・・となります。

疑問がありましたら、遠慮なくこのページに問い合わせてください。



  • ユニークな能力ですね。自分も幻装~惑~ というカードを作ってましたが、リバーシブルのほうがキーワード化していたりして便利ですね。 -- かがみ (2011-02-21 22:43:06)
名前:
コメント: