※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「うぅっ、私は……どうしてここに」

見渡す限り広がるは荒野。空は黄色く、東の空に太陽が昇っていることから夜明けらしい、と彼女――月光の精霊アルディアナは判断した。

「にしても静かですわね…… 見渡す限り何も……」

だが、次の瞬間、その静寂を貫く何かが迫ってくると感じた彼女は身構えた。
「暁を切り裂け主の魔弾、因果弾エンドレス・ループ

「うわっ! 何をするんですか!」
と言いつつ弾道を読んで上へ飛び上がって避け、その勢いで相手―見た所、騎士のように見えたが―との間合いを詰めてゆく。
そして、そのまま懐から刀を抜き、落ちる勢いで切りかかったが、防がれてしまう。
それを好機と騎士は後退するが、攻撃を仕掛けてはこない。

罠かと思った次の瞬間、騎士は口を開いた。
「おい、小娘。どうやら天雷・魔光財閥の者じゃないな。
ここはガキの遊び場じゃない、帰れ」

「小娘じゃありません! ってかいきなり撃ってきて何が『帰れ』なのよ!?
というか何、テンライとか、マコウって!?」

「はぁ……?」
何言ってるのお前、と思い切り変な目で見る騎士。

「私が何か可笑しい事でも言った?」
ふん、と彼女は威張った。

「……記憶喪失か? 呆けか?
天雷も魔光も知らないって……どうゆう了見なんだ?」

新中央荒野に風は吹いてゆく。空は未だ、暁のまま。



「ああ いつの日か 誰かが この道を
  ああ いつの日か 誰かが この道を」

啓示の龍霊プレアデスは己の目覚めた辺境樹海を南下し、三叉路を通って南、海沿いの寂れた道を進んでいた。
目覚めた瞬間、自分は何なのかは分からなかったが、ただ分かった…というより、頭に浮かんできたフレーズがあった。

「ああ いつの日か 誰かが この道を
  もう道は返せず ただ進むのみ 我は振り返らず 星の海を
   我は振り返らず 星の海を 果てしない銀河を 彷徨うのみ」

それが何かの警告であり、使命と感じて歩き始めて五日。
この大陸は相当広いらしい。道の先が曲がることもなく地平線に進んでいる。
それに、この道で未だに誰も遭遇していない。
右には海、左には荒野。

「ああ いつの日か ああ いつの日か……ってか歩くの疲れた……」

と言いながらも彼は歩み続ける。
いつか、誰かと会えると信じて。

……………というか会えるのか?



「はぁ…信じ難い話だが…」
うーむ、と唸る騎士は因果の三騎士の一人・大因果アルファ・プラトニス

「何よ! 『帰れ』とか『呆け』とか言われても、『信じる』と言うからこっちも信用して話したのに! 嘘だと思ってるの!?」
レディーファーストってもんを知らないの? レディーには優しくしろってママに言われなかったの! と説教が魔弾の如く続く。
「いや、ってか誰が信じるんだよぉぉぉぉ!! 普通信じないだろ! 記憶喪失って何だよ!? 悪い夢でも見てるのかよぉぉぉ!!」
「さっき『……記憶喪失か?』って言ったのは誰なのよ!? 嘘つき男は嫌いッ!」
「あれは言葉のあやだ、許すんだ貴婦人!」
「結婚してねぇし! 嫌だぁぁぁこの男ぉぉぉぉ! お巡りさんHELP Me!!!」
「うわぁぁぁぁ! 面倒だぁぁっ! クリスタル・Aよ助けてくれぇぇぇ!
あんたのモテぶりに嫉妬して『リア充乙wwwwテラワロスwww』とか言った件は謝るからぁぁっ!」



「はて、ここは何処かな」
と呟くのは追憶の精霊フェイトン

「周りには私めの出てきたカプセルと…むむ!? もう一つあるぞ!
救わなければ!」
と、カプセルに駆け寄るが、その扉は既に放たれていたと気付く。
「むむ… 遅かったようじゃ…既に目覚めていたらしい…残念じゃ…無念なりっ!」
悲しさのあまり地面に伏せ込むが、ちなみに扉に書かれていた文字は「啓示」。

あれ、プレアデスさん、もしかしてカプセルがもう一個あったことに気付かないまま……

場所は辺境樹海、時刻は未だ暁。

世界は永遠に―青い空をを迎えない。精霊は未だ―目覚めたばかり。



「ヘックシュン! 誰か噂をしているのかな……
ああ いつの日か……って本気で疲れた……
そのくせ宿が無いって何、いじめですかそうですか。
今日は太陽が沈んだらやめよう、うん。てかもう野宿でいいや。陽が沈みそうだし」

プレアデスさん、これは黄昏じゃなくて暁です!

続く

コメント

  • ・・・・・精霊達って一部を除いて・・・天n(アポカリプス・デイ!! -- マイルス (2011-01-27 22:05:34)
  • コメントありがとうございます! って俺も巻き込まれ( -- 楼砂 (2011-01-27 23:04:43)
名前:
コメント: