※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

仕事柄、何かとネットを使った検索作業をしたりする私だが・・・目的はJapanese Law/日本の法律の仕組みを簡単に英文化しているサイトを探していたのである。(例えば貸金業法とか・・・法務局は英語にする作業をしていないし、する気もないらしい。)

色々検索するも、どうもまともな文章とかReferenceに使えるようなサイトはない。そんな時私は、困ったときのWikiでありはてな?を使う。 今回の場合は日本の法律の英文化なので、Wikiは英語版に最初から入った。検索で漠然と"Japanese Law"を入れたのが『事の起こり』と言えばそれまでである。

ダラダラ読んで行ってみたが、結局本来の目的を解決する術はなかったが、私は気付いたのである。「なんじゃこれ?」のCase Lawである。その名も"Sweden v. Yamaguchi"、スウェーデン???山口? 山口一家か?スウェーデンでのマネロンか?と読み始めてみたら・・・なんじゃこりゃ?なお話がそこには面々と続いているのである。 山口組もマネーロンダリングも、無論のこと貸金法なんて全然関係ない話なのだが、私の心のどこかにある「知りたい、なんとしてもこの話を詳しく知りたい」病が何年か振りにムクムクと目覚めたのであった。  

こんな話・・・ありですか????