※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

FAQ

ご意見などはこちら


名前:
コメント:


マターリ職を探すための心構え

  • 人生における優先順位を決定する、お金よりマターリ
  • 自分の必要最低限の収入を把握する
  • 雇用形態にはこだわらない
  • お金と健康は大切
  • 生活力をつける(節約、自炊など)


マターリ会社、マターリ職の例

  • 非営利団体、公務員
  • ビルメンテナンス、公共施設管理
  • 事務系
最終的には会社次第。
詳しくは業種リストや体験レポートからどうぞ。


夜勤について

一般的には体調面においてかなりマターリではないらしい。
よほど金銭がよいか気にならない人以外は非推奨。


営業は避けるべきか?

基本的に避けたほうが無難。
ルートだからマターリとは限らない。
あとはサビ残はマターリ以上に回避が困難な模様。

誤解を招くと宜しくないので一応ながら
マッタリの営業も存在します。
しかしこれから転職してマッタリ職を目指すのであれば
あえて営業でマターリを目指すとか特殊な希望でも無い限り
率先して営業から選んでいくのは
マターリに至るのが難しいと思われます。


この職業がマターリかどうか調べてください。

ここのスレは如何にマッタリな職業を見つけ出して就職するか
というスレなのでその定義自体を判断するのは各自に委ねられている。
それでもどうこう言う人は下記に一般的モデルを書いてみるので
それであとは自分の中で妥協点を見つけ出してください。

一般的?モデル
  • 給料
大体年齢×1~2。
×2なら相当もらってる。
中途組は×1~1.2辺りになることが多いだろう。

  • 職種
世の中営業は一杯います。
営業よりもっと大変な部署も一杯あります。
事務は一般よりなんだかんだ言っても楽だと言われてますが
例外もあります。

  • 茄子
4ヶ月前後。
しかしマターリ目指すならあまり4ヶ月もらえることは考えないほうが無難

  • 福利厚生
マターリでも比較的完備が多い。

  • 休日
土日祝日、年末年始、お盆。
で、たまに休日出勤。

  • 人間関係
定義付け不能。
自分が良いと思えばよいし、ダメならそれまで。
但し一般的モデルという概念から言えば
ストレスで病んでる人の数はそう少なく無いことからお察しください。